「旗なき戦い」概要

プロローグ

1942年:新たに結成されたイギリス軍特殊舟艇部隊の第1期志願兵は、敵前線後方800㎞の地点に小舟で上陸を果たした。

いかなる苦境も笑い飛ばし、決して希望を失わない男たちが、爆薬と手練手管、ブラックユーモアを携えてドイツ空軍に挑む。


踏み越える者
ビリー・ブリジャーは特異な才能を見出され、イギリス海軍特殊舟艇部隊-SBSへの入隊を求められた。
強襲部隊
敵の支配する土地で、ビリーは潜入、盗み、工作、あらゆる手札を駆使してドイツ空軍の基幹物資を破壊しなければならない。その頃、メイソンは昼寝に励んでいた…
猛攻
ドイツ軍の無線を使い救援を要請したビリー。そして、ビリーとメイソンの目の前に現れたものとは…?

【スポンサーリンク】

「北極光」概要

プロローグ

1943年:ノルウエーが占領されて3年。未だ解放の兆しは見えなかった。レジスタンスに加わり、仲間を救い出せ。


ステルス作戦
ドイツ占領軍はレジスタンスの一人の正体を突き止めた。しかし、そのレジスタンスには一つの計画があった。
すべては灰
ソルヴェーグはドイツ軍の追跡の手を躱すだけでなく、厳しい自然環境とも戦わねばならなかった。
狼と犬

重水はフィヨルドから運び出されようとしている。ソルヴェーグはそれを阻止しなければならない。


【スポンサーリンク】

「ティライユール」概要

プロローグ

1944年:歴史に埋もれた南フランスへの上陸作戦、ドラグーン作戦に参加した歩兵隊が体験する白熱の全面戦争。彼らは目にしたこともない宗主国を救うために戦った。

自由
フランスの土を踏んだディーム・シセを待っていたのは、思いもよらぬ戦争の現実だった。
平等
ティライユールは前線を強行突破し、真の目標、ドイツ軍の砲撃陣地を目指した。
友愛、さもなくば死

退路を失ったティライユールは、最後の賭けとして、ドイツ軍司令部へと進撃した。


【スポンサーリンク】

「最後の虎」概要

プロローグ

1945年:アメリカ軍がライン川へと迫る中、ティーガーⅠを指揮して最終防衛にあたれ。
大戦中最強を争った戦車と共に挑む、望み無き防衛線が始まる。

 

牙を剥いて

ティーガー237は防衛線の弱点を探る敵の偵察部隊の排除を命じられた。

 

ターニングポイント

ティーガー237は前進する連合軍主力と接触した。
ただちに後退が命じられ、その途上、重要機密を処分することになった。

 

死闘

ライン川の渡河を目指す連合軍を阻止せよ。
ティーガー237の乗員に最後の命令が与えられた。



Battle FieldVのトラブルシューティング