ビットコインのマイニング方法が分からない初心者の為に分かりやすくまとめたのでご覧頂きたい。

仮想通貨のマイニング方法は驚くほど簡単で自慢の自作PCやゲーミングPCでマイニングソフトをダウンロードすればすぐに仮想通貨のマイニングを行うことができる。

では、これからマイニングのやり方を解説して行きたい。

【スポンサーリンク】

仮想通貨のマイニングとは?

仮想通貨のマイニングとは簡単に言えば、[自分の持っているマイニングPCやゲーミングPCでビットコインの取引を処理する。]事で、このビットコインの処理はマイニングPCと呼ばれる自作PCを利用して行われている。

ビットコインをマイニングするには高性能なグラフィックカードを複数枚用意する必要がある、マイニングPCを最初から自作すると初期の投資金が膨大なものになる、しかし掛けたお金をマイニングによって回収すれば後は純利益となり、マイニングを続ける限りずっと利益を得ることが可能となっている。

今現在の最もマイニングで稼げるGPUはGTX1080とそのアップデート版のGTX1080TIが仮想通貨マイニングに最適なグラフィックカードになっている。

マイニングではGPUの性能が第一でGTX750TIやGT730などの性能の低いグラフィックカードでは日に1円から5円程度の小銭しか稼げない。

またPCでのマイニングには電気代を考慮しなければならず、低スペックなGPUだと採掘できるビットコインに対して電気代が上回れば赤字になる可能性がある。なるべく高性能なGTX1050TI~GTX1080TIまでの高性能なGPUが今のマイニングに向いている。

マイニングPCはGPUとCPUによるマイニング法があり、必ずしも高性能CPUを積んだPCは必要とせず、セレロンの最新CPU(4000円くらい)のが用意できれば問題はない。
マイニングPCはグラフィックカードを何枚も積む事で採掘量を増やす事が出来るのでマザーボードやCPUにこだわるのではなく高性能なGPUを何個も購入しておけば良い。


マイニングPCのスペックだが、以下に記載する。


※CPU:第7~8世代の格安セレロン
※MB:PCIEスロットが8個以上あるマイニング対応のマザーボード
※RAM:8GB~16GB
※SSD:120GB
※GPU:GTX1050TI~GTX1080TIまでの1枚~8枚まで
※電源:700W~1000W以上のGPUの台数に応じて電源を増設する。


このマイニングスペックでGTX1080TIの8枚構成のリグなら、月に10万円近くのビットコインを獲得する事ができる。

仮想通貨マイニングでは電気代を考慮しておく必要がある。

PCでマイニングする場合は24時間ずっとマイニングPCを動かし採掘をし続ける必要があるので、この電気代を余裕で超える事ができる高性能なGPUを選ぶ必要がある。

これはマイニングで得られた収入から電気代を差し引いて余ったお金が利益となるため、概算だが、簡単に説明すると以下の通りだ。


GTX960


GTX960の場合だとビットコインの月の収入が2400円で、電気代が月に約1000円だとすると、月のビットコイン採掘で稼げる収入は1400円程度となる。


GTX1080TI


GTX1080TIの場合だとビットコインの月の収入が1万円で、電気代が月に約3000円だとすると、月の収入が7000円程度となる。


高性能なGPUを選べば電気代を超える利益になり、古いGPUほど稼げるビットコインの収入が減って赤字になりやすくなる。

先ほども話した通り今現在の最もマイニングで稼げるGPUはGTX1060~GTX1080TIあたりがコストパフォーマンス的に見て最適なグラフィックカードになっている。

日本は基本的に電気代が高い傾向にあり、なるべくコスト(電気代)を節約して最大限のポテンシャルと採掘能力を発揮できるGPUを取り揃えるのが一番良い考えとなる。

もし自分の持っているマシンでどのくらい稼げるのか?確認したいのであればこちらから

Profitability calculator

まず、[ナイスハッシュ マイナー(NiceHash Miner)]のサイトに入り[米ドル]を日本円に変えてから電気代のセッティングを行う。

日本の平均である24円に電気代を設定して自分のハードウェアを選択すれば大体の概算がでるので確認しておこう。

なぜ直接仮想通貨を購入しないで、マイニングする必要があるのか?

仮想通貨は基本的にマイニングしなくても、取引所で購入する事ができる。しかしFXの要素があるビットコイン取引では自分の資金を相場と言うリスクにさらすことで儲けられる人と損する人が存在している。素人がいきなりFXをすれば、資金を大きく減らしてしまう可能性も考えられる。

そのため、ビットコインを取引するよりも少ないコストで、可能な限り多くのビットコインを手に入れることができるマイニングに注目が集まっているのだろう。

これは自己資金のリスクヘッジでしかないが、マイニングPCを自作すれば10万円~最大で100万円以上になるため、どちらかに重点をおいて投資先を見極める必要がある。

どちらがおすすめかは分からないが、簡単に上記の2つの特徴をまとめたのでご覧頂きたい。


ビットコイン取引


ビットコイン取引では自己資金をリスクにさらす事で膨大な利益を得たり、有り金全てを失う事になりかねないが、簡単にビットコインを手に入れる事ができる。


マイニング


マイニングではマイニング専用機を作るための初期投資こそ膨大な資金が必要になるが、投資したPCは手元に残るため、少額だが安定した収入を得ることができる。また[マイニングは損すると言う概念のない副業]なため、稼げるのは利益だけでマイニング専用機が故障するリスクを除けば投資資金次第で月に10万円以上を稼ぎ出す事ができる。


利益が多少なりとも出せるかどうかは、まずはマイニングに必要な初期投資と電気代を考慮して利益を積み重ねて行く必要がある。

またマイニングのために初期投資した資金を回収すれば後は純利益のみが計上されて行くのでランニングコストに優れている面もある。

もしビットコインがマイニングできたら、ビットコインを貯めて、いろいろな望みを叶える事もできる。

【スポンサーリンク】

どうやってビットコインマイニングを始めればいいのか?

どうやってマイニングをすれば良いか?これはマイニングPCともう一つのマイニングソフトを必要とするので説明して行きたい。

初心者に分かりやすく簡単に始める事ができるマイニングソフトは[ナイスハッシュ マイナー(NiceHash Miner)]というWindows10用のソフトウエアを使用するのが良いだろう。

なぜなら[ナイスハッシュ マイナー(NiceHash Miner)]をインストールして、アカウントを作り、スタートボタンを押すだけで採掘効率が良いコインを自動的に選んでマイニングを開始する事ができる。世界中で大人気で初心者にもオススメなマイニングソフトになる。

[ナイスハッシュ マイナー(NiceHash Miner)]は管理人もインストールして今でも使っているが、最近(コインチェック事件と同じ時期)ハッキングを受けてアカウントから70億円近く引き出された過去がある。もちろん管理人もこの話しを聞いてアカウントの登録に警戒したが、今では改善が見られ二段階認証や他のセキュリティーシステムも整っていたためアカウントを開設してたまにマイニングして愛用している。

また[ナイスハッシュ マイナー(NiceHash Miner)]のアプリ自体は海外の有志やユーザーなどが安全と評価しているが、[ナイスハッシュ マイナー]をインストールすると必ずウイルスが入る。

アプリ自体は安全なので問題はないが、[ナイスハッシュ マイナー]をダウンロードする時にウイルスが追跡システムを敷きウイルスも一緒にダウンロードされる用に外部から仕掛けているので心して取りかかる必要がある。

インストールする前に念のためのバックアップを取っておこう。


管理人が経験したウイルスによる攻撃は以下の通り。


[ナイスハッシュ マイナー]のダウンロード時にウイルスを検知

[ナイスハッシュ マイナー]のexeファイルを実行してアプリを起動してローディングしている最中にリスクウェアウイルスを検出、しかも[ナイスハッシュ マイナー]を起動すると毎回リスクウェアウイルスを検知する。

実際に入ってきたウイルスの名前
・トロイの木馬:本物のウイルス
・アドウェア:本物のウイルス
・マルウェア:本物のウイルス
・リスクウェア:ウイルスではないがセキュリティー的に問題がある。


この中のリスクウェアとはセキュリティーソフトがウイルスではないが、セキュリティー的にリスク(良い使い方をされれば問題はないが悪用されると危険)があるアプリを検知したものなので実際にはウイルスではなく警告を発したものになる。

現在多くのセキュリティーソフトは例えアプリが安全でもマイニングソフトをリスクウェアとして検知するようになっている。

[ナイスハッシュ マイナー]をインストールしてセキュリティーソフトが反応すれば起動しなくなるので一時的にセキュリティーソフトを止めて(アンインストールではなく設定で)アプリが起動したらセキュリティーシステムを稼働させれば問題はない。

[ナイスハッシュ マイナー(NiceHash Miner)]を起動するとリスクウェアとしてセキュリティーソフトが警告を出して隔離するが、マイニング中はウイルスを検知したことがない。

ここまで聞いて[ナイスハッシュ マイナー(NiceHash Miner)]ダウンロードしたくないのは分かるが、他のセキュリティーソフトでもマイニングソフトを危険と警告して、トロイの木馬やアドウェアを検知しているので安全な手段は無いと考えた方が良いかもしれない。

管理人の場合は、金の為なら何でもすると言う訳ではないが、自分のゲーミングPCの性能でどれだけ金が掘れるのか?試したかったのと採掘したお金で望みを叶えたかったので、基本的にウイルスにかまわず無視して突入して行った。

なぜこんな事ができるのか?だが、基本的にセキュリティーソフトがウイルスを検知できる=対策済みと考えている為で。本当に怖いのはセキュリティーソフトがウイルスを検知する事が出来ない場合のみだ。

そして70億円前後の金がハッキングされたと言うことはそれだけ[ナイスハッシュ マイナー(NiceHash Miner)]のハッシュレートが高くが稼げると言う証拠となり、日本のWebサイトにも[ナイスハッシュ マイナー(NiceHash Miner)]についての情報が多数あるので安心できると思ったからだ。

また多くユーザーが使用しているのも管理人が推奨する理由となり、このマイニングソフトで最大収益の獲得を狙い愛用している。

まず、これはウイルスの感染パーティーに参加するようなものなので、普通の人間なら抵抗があるが、金の為なら何でもするようなぶっ飛んだモラルの欠片がない人間しか出来ない荒技かもしれない、基本的にウイルスは幽霊と同じで慣れれば怖くない存在だと思っているのもサイコパスかもしれないが(^_^;)

この機にウイルスの知識を深めてみるのも良いかもしれない。

PCがウイルスに感染してしまった。=クリーンインストールではなくPCを安全に保全するスキルを身につければウイルスなんて怖くないのでここで耐性を身に付けておこう。


マイニングをする時のウイルス対策


1:Google Chromeにパスワードなどを保存しない。マイニングPCとメインPCを分けて使う。


2:セキュリティーソフトを導入しておくこと。またはWindows Defenderを有効にしておくこと


また安全なマイニングソフトをお探しならWindows10のWindows Storeに[Bit Coin Miner]と言う安全なマイニングアプリがある。

[ナイスハッシュ マイナー(NiceHash Miner)]で掘れるビットコインと[Bit Coin Miner]では格段の違いがあるので確認しておこう。

[ナイスハッシュ マイナー(NiceHash Miner)]でGTX960を使いマイニングすると日に124円稼げるのに対して

[Bit Coin Miner]でGTX960を使いマイニングすると日に8円程度しか稼げない事が分かっている。

[Bit Coin Miner]は得られるビットコインの数がかなり少ないが安全にマイニングができる低スペックなアプリと言うところだろうか?初めてなら安全な[Bit Coin Miner]で始めて見るのも良いかもしれない。

[ナイスハッシュ マイナー(NiceHash Miner)]のダウンロードとインストールは自己責任であり、当ブログの免責とさせて頂くのでご了承願いたい。

[ナイスハッシュ マイナー(NiceHash Miner)]のダウンロード方法

[ナイスハッシュ マイナー(NiceHash Miner)]のダウンロード方法は


公式サイト


[ナイスハッシュ マイナー(NiceHash Miner)]


こちらからリンクを開き

左側の囲われた部分の「ダウンロード」をクリックする。

自分の持っているマイニングPCのGPUがAMDかNVIDIAかを確認して対応する方をダウンロードする。

後は解凍してインストールするとローディング途中で採掘効率が良いコインを調べるためのベンチマークが始まるのでテストする。

ベンチマークが終われば簡単にマイニングを始める事ができる。

マイニングの設定はGPUかCPUを選ぶ事が出来る。緑のチェックを灰色にすればOFFになるので覚えておこう。

採掘したビットコインの受け取り方法

[ナイスハッシュ マイナー(NiceHash Miner)]でマイニングしたビットコインの受け取りには取引所のアカウントを取得する必要がある。簡単な流れで説明すると以下の通りとなる。

1:[ナイスハッシュ マイナー(NiceHash Miner)]のアプリで0.001ビットコイン(10万satoshi)を採掘するとナイスハッシュ マイナーの内部ウォレットに入金される。

2:そこからアカウントを開設した取引所に入金する。

3:取引所から自分の銀行口座に入金すればマイニングした収益を受け取る事が出来る。

この取引所は日本にもあり、一番安心出来る所では管理人も使用しているBitFlyer(ビットフライヤー)がある。

BitFlyerではビットコインからあらゆるコインに対応しているのでこれからマイニングする人や取引したい方に取って重宝する取引所となる。

BitFlyerのアカウントの初回登録ではEメールとパスワードの入力だけで後から本人確認の住所・氏名・年齢・電話番号を登録すれば良いだけだ。

BitFlyerでウォレットクラスだけなら簡単に開設出来るが、ビットコインを日本円で引き出す時に引き出せないなんて事にならないように最低でも本人確認を取り、そのほか諸々の手続きと銀行口座番号の登録をしてトレードクラスを取得しておこう。

こうすればスムーズにマイニングの収益を獲得する事ができる。

最後に

ビットコインのマイニングは日に日に競争力を増し、増額されないマイニング費用から分散してMinerに支払いされているので確かに稼ぎにくいが、もしお金に余裕があり、投資しても問題が無いのであればやってみると良いかもしれない。

さらに、マイニングでお金を生み出すペースは極めて遅く。ビットコインにダイレクトに投資した方が儲かる可能性があるが、自作PCやゲーミングPCをいじることが好きで、仮想通貨の最先端に常に触れていたいなら、トライしてもいいだろう。

【スポンサーリンク】