クレジットカードの「分割払い」と「リボ払い」は手数料以外に何が違うのか気にならないだろうか?

クレジットカードの支払い方法は「分割払い」と「リボ払い」に分かれるが、これらは「複数回に分けて支払う」という点で同じような支払い方法だと思っている方もいるはず、しかし、リボ払いと分割払いは手数料とシステムに違いがある。

今回は「分割払い」と「リボ払い」はの違いについて具体的に解説して行きたい。

【スポンサーリンク】

「リボ払い」と「分割払い」の違い

クレジットカードにおけるリボ払いと分割払いの大きな違いは、毎月の支払額を指定するか、買い物ごとの支払回数を指定するかです。

:リボ払いの場合、
毎月の支払額が自分で設定した金額に固定され、クレジットカードの利用残高を何回払いするかは関係はない。

:分割払いの場合
利用金額を何回払いにするかによって毎月の支払額が変わる。これは10回払いを選択した場合、10万円の商品であれば月々1万円+分割払手数料、20万円のものであれば月々2万円+分割払手数料となり、利用金額と支払回数によって月々の支払金額が変化する。

そのため、リボ払いと分割払いでは、返済期間も異なる。分割払いは返済回数があらかじめ設定した回数で定められている。

リボ払いの場合、支払金額が一定のため、利用残高によって返済期間が変わる。一般的には、利用金額が大きければ大きいほど、支払期間は長くなることが多い。

では「分割払い」と「リボ払い」を比較してみよう。

「リボ払い」と「分割払い」はどちらがお得なのか考察してみよう。

クレジットカードで買い物をする際、分割払いとリボ払いではどちらがお得なのか支払額と手数料の観点から考察して行こう。
毎月の支払額で比較したとき、リボ払いは支払額が利用残高に関係なく一定であるため、毎月の支出が常に一定で、支払いの管理がしやすい。

またクレジットカード会社から請求書が送られてきたときに、想定よりも支払額が高額なんてことはないので安心出来る。

分割払いの場合は、少ない回数で支払いを完了させようとすると月々の支払額が大きくなるため、無理のない範囲で支払回数を設定することが必要となる。

そのかわりに少ない回数で完済することが可能であれば分割払手数料を含めた総支払金額はリボ払いよりも少なくすむケースが多いだろう。

手数料で比較
クレジットカードを利用すると、リボ払いでも分割払いでも手数料が掛かります。ただし、分割払いの分割払手数料に関しては、2回払いまでであれば必要のないケースが多いでしょう。

注意しなければならないのはリボ払いの手数料が、支払額に関係なく固定であるのに対し、分割払手数料の実質年率は、「○~○%」といった形で決まってる場合が多いので支払回数が少ない場合は、分割払手数料は安くなる傾向がある。そのため、短期で支払い完了できる場合は分割払いを選択した方がメリットになるでしょう。

また、分割払いとリボ払いはどちらの手数料の実質年率が低いかだが、これはもちろんクレジットカード会社によって異なる。具体的に実質年率は公式サイトの情報を見て確認することが必要だが、一般的には分割払いの方が、実質年率が低い傾向にある。

手数料の計算方法としては、リボ払いの手数料は返済残高全体に掛かるのに対し、分割払いの手数料は商品単体に対して掛かるという点に注意が必要だ。

たとえば、Aの品物を3万円で購入し、
追加でBという品物を2万円で購入(リボ払いで)すると リボ払いの手数料はAとBを合計した5万円に対して手数料が掛かる。

一方、分割の場合はAとBの両方を分割払いで購入したとしても、それぞれで異なる手数料が掛かるので覚えておこう。

【スポンサーリンク】

結局、クレジットカードの支払いはどちらがお得?

一般的にはリボ払いに比べると、分割払いの方がお得になるケースが多いが。これは、分割払いの方が、実質年率が低い傾向にあるためだ。

また分割払いは商品ごとに手数料が掛かり、リボ払いは利用残高全体に掛かるため、分割する回数などで総支払金額も分割払いの方が少なく済む場合ある。

リボ払いの場合、返済中に余裕ができたときは繰り上げ返済を行なうことが可能で、ボーナスなどの臨時収入が入ったら積極的に繰り上げ返済をすることで、利息負担を軽減することが可能になるため、リボ払いも検討しておこう。

場合によっては、分割払いよりもリボ払いで繰り上げ返済を活用するほうが返済総額を抑えられる可能性もあるので覚えておこう。

なお分割払いの場合、一部を繰り上げ返済を行うことはできず、一括返済のみ受け付けているクレジットカード会社が非常に多い

最後に

クレジットカードを利用する際は、分割払いの方が金利が安くなり、また高額の買い物をする場合などは、長期で分割払いするよりも、繰り上げ返済を活用できるリボ払いで返済していくほうが有利になる可能性も考えられる。

クレジットカードには異なる特色があるので、お金に余裕があり、利用金額を考慮して、リボ払いと分割払いを上手く使い分けることで金利の高負担を避ける事が可能なのでよく覚えておこう。

それでは

【スポンサーリンク】

関連記事