PC版のゲームをやる上で必要なのが、ゲームスペックだが、この推奨スペックに基づいて高性能なGaming PCを購入しなければならない。

そこで今回は、PCゲームの推奨スペックの解説とすべてのPCゲームをプレイする事が出来るゲーミングPCを紹介して行きたい。

是非ともじっくりご覧頂きたい。

PCゲームの推奨スペックとは?

まず始めに推奨スペックとは何なのか解説したい。PCゲームの推奨スペックは動作を安定的にする為の性能水準で、この推奨スペック以下のゲーミングPCだとまともに起動しない。プレイできない。またはカクカクするなどの問題が起こる場合があるので理解しよう。

最高設定でPCゲームをプレイする。

最高設定とは主にグラフィックに依存しているため、最高設定=解像度がフルHDか4Kでゲームをプレイする事ができるかということなので覚えておこう。

快適な動作とは?

PCゲームをする上でゲーミングPCのGPU:RAM:CPUが推奨スペック以上で動作し、HDDではなくSSDによる書き込みと読み込みが高速で動作する事を言う。

このゲーミングPCの快適な動作を例えるなら、以下に


・SSDによってゲームを起動する速さ


読み込みや書き込みが高速になるとゲームのロード時間が短縮され、遅延が起きにくくなる。SSDとHDDではロード時間にかなりの差がでるのでオンラインプレイ中に遅延が発生し出遅れなどが起きる事がある。


・CPUによってゲームを処理する速さ


これはSSDから読み込んだデータをCPUが処理する速さのこと。

CPUが低性能だと処理が遅くなり、ゲームの読み込みやFPSの処理に悪影響が出てしまう。

この事をボトルネックと言う。これはcore I3以下の低CPUでGTX1080TIを動かすとcore I3の処理速度に合わせてしまうため、本来のGTX1080TIのポテンシャルを発揮できない状態になる場合がある。


・RAMによってゲームが安定的な動作


これは割り当てられたRAMが、多ければ多いほどより快適にPCゲームをプレイする事が出来る。このRAMの量が少ないとカクカクしたり、フリーズまたはクラッシュする場合があるので覚えておこう。

では、ここまで推奨スペックや最高設定または快適に動作させる基本的な事を解説してきたが、PCゲームをまとめたのでご覧頂きたい。

MINE CRAFTの推奨スペック


CPU Intel Pentium D または Athlon 64(K8) 2.6GHz

RAM 2GB

GPU(オンボード) Intel HD Graphics または AMD (formerly ATI) Radeon HD Graphics with OpenGL 2.1

GPU(ビデオカード) Nvidia GeForce 9600 GT または AMD Radeon HD 2400 with OpenGL 3.1

HDD 最低200MBの空き容量

Java Java 6 Release 45

Grand Theft Auto Vの推奨スペック

OS 64-bit: Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 Service Pack 1

CPU Intel Core i5 3470 3.2GHz(4 CPU) / AMD X8 FX-8350 4GHz(8 CPU)

メインメモリ 8GB

GPU NVIDIA GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB

サウンドカード DirectX 10 100%互換

HDD 65GB 以上の空き容量

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDSの推奨スペック

CPU Intel Core i3-4340

AMD FX-6300

メモリ 6GB

GPU NVIDIA GeForce GTX660

AMD Radeon HD 7850 2GB

SSD 120GB~

HDD お好みで

ウィッチャーワイルドハントの推奨スペック

CPU:Intel CPU Core i7 3770 3,4 GHz 又はAMD CPU AMD FX-8350 4 GHz

グラフィックカード:Nvidia GPU GeForce GTX 770 又はAMD GPU Radeon R9 290

メモリ:8GB

OS:64-bit Windows 7/64-bit Windows 8 (8.1)

サウンド:DirectX 11

ハードディスク容量:40GB

fallout4の推奨スペック

CPU:Intel Core i7 4790 3.6 GHz以上

メモリ:8GB以上

グラフィックボード: NVIDIA GTX 780 3GB以上

・HDD/SSD:30 GB以上

Battlefield4の推奨スペック


OS:Windows8 64bit

CPU:Intel クアッドコア CPU

メモリ:8GB

グラボ:Nvidia Geforce GTX 660 3GB以上

Battlefield1の推奨スペック

OS Windows 7、Windows 8.1、Windows 10各64ビット版

CPU (AMD): AMD FX-6350

(Intel): Core i5 6600K

メモリ 8GB RAM

ハードディスク 空き容量50GB以上

ビデオカード (AMD):Radeon HD 7850 2GB

(NVIDIA):GeForce GTX 660 2GB

DirectX 11.0互換ビデオカードまたは同等の性能

インターネット接続 512kbps以上のインターネット接続

DARK SOULS3の推奨スペック

OS:Windows 7 SP1 64bit, Windows 8.1 64bit Windows 10 64bit

プロセッサー:Intel Core i7-3770 / AMDR FX-8350

メモリー:8GB RAM

グラフィック:?NVIDIAR GeForce GTX 970 / ATI Radeon R9 series

DirectX:Version 11

ネットワーク:?ブロードバンドインターネット接続

ストレージ:25 GB 利用可能

サウンドカード:DirectX 11 sound device

上記の推奨スペックを満たすゲーミングPCだが、すべて推奨以上なら問題なくプレイ出来る。

※普通にプレイ出来るPC環境
・CPU:Intel Core i5 以上
・RAM:8GB以上
・GPU:GTX750TI~GTX1080TI

※快適にプレイ出来るPC環境
・CPU:Intel Core i7 以上
・RAM:16GB以上
・GPU:GTX1050TI~GTX1080以上

上記のハードウェア構成なら最も安定的で優れたパフォーマンスを発揮する事は間違いない。Core I7でGTX1080TIだと互いに足を引っ張らずに相互に、その役目を果たす為快適にプレイすることができる。

では、ここまで各PCゲームごとに推奨スペックを紹介してきたが、次はゲーミングPCについて解説して行きたい。

ゲーミングPCについて

今現在発売されているすべての要件を満たしているゲーミングPCは高価だが、ランニングコストに優れる買い物になる事は間違いないはずだ。

ゲーミングPCには自作PCとBTOタイプの2つがあるが、基本的に各ゲームの推奨スペックを満たすものなら問題はない。

また自作PCとBTOには価格帯で差が無いため、自作するか最初から完成しているBTOを購入するかは自由となるが当ブログではBTOのサイコムをおすすめしたい。

サイコムのゲーミングPCは有名なメーカー製アーマー付きATXマザーボードが使われており、後からハードウェアをカスタマイズしたりケースを取り替えたりする事が出来るのでおすすめのBTOメーカーとなる。
では、サイコムのゲーミングPCを紹介して行きたい。


公式サイトBTOパソコンのサイコム


Gaming PCを買う場合の注意点

Gaming PCを買うには投資論に基づかなければならない。自作PCの古い規格に投資するには将来性がない。Gaming PCとは今から廃れていくPCやハードウェアに投資するのではなくて、未来に投資する事で投資論理に基づいたベネフィットを獲得する事が出来る。

もし今Gaming PCを[買う]または[組む]という人は

OS:windows10
GPU:1000以上
MB:Z370
CPU:Core I3以上で 7000~8000番台
RAM:16GB
HDD:1TB
SSD:525GB

投資論理とは投資=見返りなら上記のスペックで獲得する事が出来るだろう。

最後に

よく他のサイトでは最低動作スペックとか言っているが、これはほぼプレイする事に支障をきたすと言うことで解釈してもらっても構わない。

それでは