SSDにアプリやゲームを入れすぎて容量が少なくなり、困った事はないだろうか?

そこで今回は、SSDからHDDにアプリやPCゲームを移動する方法について解説していきたい。

これは容量が少ない高価なSSDの容量を大幅に節約する事ができる方法で、本来[SSDにはOSを入れHDDに大容量のPCゲームやアプリケーションを保存する。]と言うのが基本なので覚えておこう。

では、Cドライブ以外(A~Zドライブ)にゲームソフトやアプリを保存する方法だが、結果から解説していこう。

・Dドライブまたは(A~Zドライブ)までの(HDD)に以下のファイルを作る。

[program Files]
[program Files(X86)]

たったこれだけでCドライブ以外(A~Zドライブ)にアプリやPCゲームを保存する事が可能だ。

初心者でも簡単シンプルに出来るので、挑戦してみよう。

ではじっくりご覧いただき、知識を深めて欲しい。

Cドライブ以外にアプリやゲームをダウンロードする方法

Cドライブ以外にアプリやゲームをダウンロードする方法は非常に簡単な手順でデータを移行することができる。

最初にDドライブ(HDD)にprogram Filesとprogram Files (X86)と言う名前のフォルダを作り、OSの入ったCドライブと同じ環境をDドライブで作る。

・[program Files]
・[program Files(X86)]

・[]は無視して中身をそのままリネームすれば良い。


注意

ファイルをリネームする際にスペルを間違えると正しく読み込まないため、正しくネーミングする。またはCドライブの[program Files]と[program Files(X86)]を[名前の変更]からコピーペーストしてDドライブにリネームしてほしい。


あとは、SSDからアプリやゲームソフトをアンインストールしてDドライブのHDDに再ダウンロードすれは完了だ。

【スポンサーリンク】

■SteamのゲームをDドライブ(A~Zドライブ)にダウンロードする方法。

1:画面左上のSteamをクリック。

2:一覧から設定をクリック。

3:一覧からダウンロードをクリック。

4:STEAMライブラリフォルダをクリック。


5:[ライブラリフォルダを追加]をクリック。

6:小窓が出てくるので[C:\Program Files (X86)\steam\]をクリックする。

7:[D:]をクリック。

8:[D:Program Files(X86)]をクリックしてから。

8:画面の下にある[選択]をクリックします。

これでsteamのゲームがダウンロードするファイルの設定が完了となる。

後はゲームをダウンロードする時にCドライブかDドライブにインストールするかの選択が表示されるのでダウンロード先をDドライブに設定すれば良いだけだ

では、ここまでsteamのDドライブへのダウンロード方法を解説して来たが次はオリジンでDドライブを設定してみよう。

【スポンサーリンク】

■originのゲームをDドライブ(A~Zドライブ)にダウンロードする方法。

上記でSteamを解説したが、続いてoriginでゲームをDドライブにダウンロードする方法を紹介する。

originもsteamもDドライブにゲームを入れる設定方法は同じなので安心してほしい。

1:まずOriginアプリケーションを起動する。

2:画面左上のOriginをクリック。

3:アプリケーション設定(A)をクリック。


4:[インストール&保存]をクリック。


5:[ゲームライブラリの保存先]が表示。

6:そして[フォルダを変更]をクリック。

7:変更先は先に作っておいたprogram Files (X86)に設定する。

これでoriginからダウンロードするファイルの設定が完了となる。

後はゲームをダウンロードする時にCドライブかDドライブにインストールするかの選択が表示されるのでダウンロード先をDドライブに設定すれば良いだけだ

さてお疲れ様と言いたいが次はアプリケーションをDドライブにダウンロードする方法を紹介したい。

■アプリケーションをDドライブに入れる方法

アプリケーションのダウンロードはexeまたはsetupファイルを展開してダウンロードをDドライブに指定すればアプリケーションをDドライブにダウンロードすることができる。

特に設定は必要なく、

1:exeまたはsetupファイルを展開する。

2:ダウンロード先をDドライブに指定

3:ダウンロード完了

アプリケーションやゲームでも同じだが、Cドライブでなければならないソフトもあるため、注意が必要だ。

■最後に

如何だっただろうか、PCゲームやアプリケーションのデータは年々膨大化しているが、容量が少ない上に高価なSSDの容量の確保に悩んでいた日々も終わりに近づいているはずだ。

それでは

【スポンサーリンク】