mine craft

PC版マインクラフトは設定でターボブースト化する事ができるのはご存知だろうか?これはマインクラフトのコードを書き換える事で劇的に読み込みスピードを改善する事が出来るニトロみたいなものだ。

このコードを書き換える事でワールド読み込みが速くなり、ネザーフェーズに切り替わるスピードの改善、または不安定でカクカクする挙動を安定化させることができる。

またコードを書き換えでMODの導入数が大幅に拡張され、100以上のMODを導入しても安定動作が可能となり、影MODやテクスチャの同時導入でもマインクラフトの挙動を安定化させることができる。

もしマインクラフトの挙動が安定しないのであれば試しにコードを書き換えて使って見るのも良いだろう。

では、じっくりご覧頂き実践してもらいたい。

【スポンサーリンク】

■PC版マインクラフトにターボブーストを効かせる方法。

マインクラフトにターボブーストを効かせるにはJVMコードを入手しなければならない。このJVMコードをマインクラフトのランチャーの[JVMの引数]に貼り付ければ動作が軽量化する。

このJVMコードを使用する事でカクツキや不安定な動作や描画またはネザーなどへのフェーズの切り換えが高速になり、スムーズにプレイする事が出来るようになる。

■JVMコードとは?

なぜこのJVMコードを使用するとマインクラフトの挙動が高速化するか、と言うとゲームソフトには動作制限があるのはご存知だろうか?

[動作の安定化を図るため、ゲーム本来の性能を制限し安定的な動作を実現している。]

このためどうしても大量のMODやテクスチャまたは重い影MODを入れてプレイするとカクツキや動作の不安定化が起きてしまう可能性がある。

このカクツキや動作の不安定化は、マインクラフトのJVMコードにデフォルトで記載された[-Xmx1G -Xms1G]が悪影響を与えている。

[-Xmx1G -Xms1G]とはRAMの割り当てであり、RAM1GBをマインクラフトに割り当てますよと宣言しているため、動作がRAM1GB分しか許容しなくなる。

そのために起こるのが、カクツキや動作の不安定化だ。もしこれを-Xmx3G -Xms3Gと書き換えれば割り当てRAMが3GBとなり、大量のMODやテクスチャまたは重い影MODなどを導入しても安定したプレイが可能となる。

詳細はこちら

■JVMのコードをマインクラフトランチャーに貼り付ける。

 

 

1:マインクラフトランチャーを開き起動オプションを選択

 

 

2:起動オプションを選択したあと、上の「高度な設定を有効にする」をオンにしてください。

3:「JVMの引数」トリガーを緑にして。JVMの引数のデフォルトコードをBack Spaceで削除する。

5:先ほどの[テキストA]を右クリックして[Paste]をクリックすれば[テキストA]を貼り付ける事ができる。([注意]■pasteは一度でペーストできない場合もあるためその場合は、一度[テキストA]をコピペしてからpasteしてください。)

6:最後に保存すれば完了となる。

マインクラフトを起動してカクツキや不安定な挙動がなければ成功だ。

試しにビデオ設定のチャンク読み込みを少し上げてプレイし、FPSは無制限に設定してプレイしてみてPCのスペックにあった設定を最適化して見るのも良いだろう。

■最後に

最後にJVM引数について、注意すべきことがある。

“-Xmx3G -Xms3Gは、Minecraftに3GBのRAMを割り当てることを意味する。PCに4GB以下のRAMしかない場合、絶対に適用しないで欲しい。デフォルトのテキストBを適用しておこう。

これは、OSがクラッシュする原因にもなるので必ず、メモリーのうち2GBはOSのために常に空けておきましょう。

それでは

【スポンサーリンク】