SyCoM

ゲーミングPCを買うときに迷うのがBTOメーカーの評価だが、今回はサイコムに視点をおいて評価して行きたい。

サイコムは埼玉に本社があり主にゲーミングPCを中心にショップを展開しているBTOメーカーだ。自由カスタマイズが可能なゲーミングPCを販売している。

サイコムではゲーミングPCのデュアル水冷PCやGTX1080TIのSLIなどがありゲーミングPCを購入するには持って来いのBTOメーカーとなる。

では、これからサイコムのゲーミングPCやカスタマイズ性そして保証やサポートなどを含めて紹介して行きたい。

是非ともじっくりご覧頂き、検討して頂きたい。


最新トピックス

ゲーミングPC市場は世界的に急成長!日本の見通しは?

市場規模3兆円を超えるゲーミングPC市場

日経新聞によると、ゲーム向けに高性能なパーツを搭載したゲーミングPC市場が日本で伸びているという。本体は昨年比50%増、周辺機器も4年間で2倍以上の成長だそうだ。

主にオンラインゲームを遊ぶプレイヤーから人気で、Steamなどのデジタル配信サービスの普及によって多くのゲームを容易に入手できるようになった点や、YouTubeなどでPCでのゲームプレイを「実況」するユーザーが増えたことから人気となっているようだ。

ゲーミングPCが欲しい場合、一般的な家電量販店よりもBTOショップサイコムがおすすめです。

高性能かつ低価格でカスタマイズ(部品構成)の選択肢も多く、何より故障や不具合対応が迅速なので。


公式サイトBTOパソコンのサイコム


まずはサイコムを知ろう。

 

サイコムは埼玉にあるBTO PCの老舗で主にゲーミングPCやデスクトップPCを扱う老若男女問わず、幅広いユーザー層に支持されているPCショップだ。

サイコムはゲームや趣味に特化したゲーミングPCや仕事向けのワークステーションモデルPCに特化した珍しいBTOショップだが、サイコムで売られているPCはこだわりの一品と感じるのは管理人だけだろうか?

サイコムのPCは自作PCを作った事のある方なら非常に面白い、だが、ゲーミングPCをサイコムから購入するときに迷うのが難点となる。カスタマイズの自由度が非常に高い段階にある上級者専用のBTOショップと言っても過言ではない。

カスタマイズ性が高いのは評価できるが初心者目線では決して無いため、自作PCを一度でも作った事のある人で自作PCについてエクスペリエンス(経験)とスキル(技能)が必要となる。

そのため、自作PCのエクスペリエンス(経験)とスキル(技能)がない本当の初心者にはサイコムはおすすめできない。

ではサイコムの総合評価だが、円グラフを用意したので見てほしい。(管理人調べ)

このように全体的に老舗であるブランド力とゲーミングPCやワークステーションモデルPCの出荷台数が月で1000台以上で年平均でも1万台以上のシェアを誇るため信頼性が突出している。

保証やサポート面では標準保証と延長保証(有料)があり、電話サポートもユーザーが困っている問題を解決されるまでサポートしてくれるのも非常に評価できる。

サイコム自体は問題がなく信頼でき、WEBメディアでの悪評や評価もサイコムからPCを購入した人が居て成り立つため、多くは信頼できると言えるだろう。

逆にWEBメディアに情報が少ないBTOショップはおすすめしない、PCの購入には情報が少ないと言うリスクを追わなければならないためだ。

本当に信頼できる企業は必ずWEBメディアに悪評も評価も混在している企業だと学んでおこう。

ここまで、サイコムの基本情報をお伝えしてきたが、サイコムPCについてもご覧頂き購入に役立てて頂きたい。

サイコムのPCについて

サイコムのゲーミングPCは最新(2018年1月)Z-H270:Z370チップセットを採用したPCやIntel core I7の第7世代:第8世代CPUやAMD搭載のRaizenに対応したゲーミングPCなどがあるためじっくりと品定めができる。

また極限のハイエンドPCを手に入れたい方にはX399マザーボードに数10万円するGPUを搭載したSLIのハイエンドゲーミングPCもあるので一見の価値ありだ。

 

サイコムのPCには格好いいケースに内部が見える強化ガラス化されたゲーミングPCやCPUやGPUをハイドロ化したデュアル水冷のゲーミングPCがそろっているので水冷好きな方には是非ともサイコムをおすすめしたい。

・Standard Model Tower型

 

スタンダードモデルのゲーミングPCだ。ハイエンドなんかいらない。デフォルトでゲームできれば良いと考えてる人にはおすすめなゲーミングPCだ。またカスタマイズもできるためハイエンド化も可能だ。スタンダードモデルは内蔵グラフィックとGT710のGPUが搭載されたPCがあるが、これでは心もとない為、自分でGTX1050TIからGTX1080TIまでのGPUを自分で用意する必要がある。CPUについてはi5ぐらいにはしておきたい。


価格帯:6万~13万円


対応ゲーム

:PLAYERUNKNOWN‘S BATTLEGROUNDS

:Grand Theft Auto V

:Battlefield4

:MINE CRAFT

スタンダードモデルにGTX1050TI~GTX1080TIを自分で用意できるなら上記のゲームはすべてプレイ可能となり、CPUはI5以上があればさらに快適になる。


公式サイトBTOパソコンのサイコム


・Hydro デュアル水冷

CPU及びGPUのダブル水冷モデルだが、静音化されたファンが搭載され、内部フローを安定的に冷却する事ができる。ハイドロタイプのデュアル水冷だが、水冷はPCゲームを長時間のプレイでも問題なく稼働することがメリットとなる。ゲームはすべて余裕でプレイする事が出来るので心配はいらないだろう。


価格帯:13万~25万円


対応ゲーム

:PLAYERUNKNOWN‘S BATTLEGROUNDS

:Grand Theft Auto V

:Battlefield4

:MINE CRAFT


公式サイトBTOパソコンのサイコム


 

・SLI Model

 

SLIモデルはGPUを2つマザーボードにつけてその性能相当分以上パフォーマンスを発揮するように設計されたゲーミングPCだ。もちろん値段も高いがハードウェア構成は高品質なものとなる。電源、排熱性能も計算されたケースにハードウェアなので安定したゲームプレイが可能だ。


価格帯:27万~50万円


対応ゲーム

:PLAYERUNKNOWN‘S BATTLEGROUNDS

:Grand Theft Auto V

:Battlefield4

:MINE CRAFT

3Dゲームはすべて余裕でプレイする事が出来る。


公式サイトBTOパソコンのサイコム


この中でもおすすめなのが、G-Master hydro Z370で自作PCとBTOには価格帯で差が無いため、自作するか最初から完成しているBTOを購入するかは自由となるが当ブログではG-Master hydro Z370をおすすめしたい。

サイコムのゲーミングPCは有名なメーカー製アーマー付きATXマザーボードが使われており、後からハードウェアをカスタマイズしたりケースを取り替えたりする事が出来るのでおすすめのBTOメーカーとなる。

G-Master hydro Z370



フォームファクタ:ATX

Intel Core i5, i7各種(LGA1151)

Intel Z370チップセット

DDR4 PC4-19200 8GB(4GB×2)

SSD 525GB/NVIDIA Geforce GTX1070 8GB

OS:オプション(別売)/外形寸法(幅232×奥行き521×高さ451mm)


■価格帯20万~27万円


公式サイトBTOパソコンのサイコム


G-Master hydro Z370はサイコムの売り上げランキングで上位に掲載されている人気のゲーミングPCだ。CPU及びGPUを極冷するデュアル水冷搭載モデルで、静音化されたファンで内部フローを安定的に冷却する事ができる。ハイドロタイプのデュアル水冷はPCゲームを長時間のプレイしてもフリーズやクラッシュすることなく安定的なプレイを可能にしている。

G-Master hydro Z370には発売されたばかりの第8世代の6コア12スレッドのCPU I7 8700Kが搭載され、CPUに対する全てのボトルネックを断ち切る事ができる。

Coffee LakeまたはRYZENがデフォルトで搭載されているPCもあり、処理最優先で構成を考えているならやはりI7が良い、オーバークロックにも対応しているため、定格をアップすれば末恐ろしいほどの性能に驚くはずだ。

そしてGTX1070かGTX1080TIだが、CPU I7 8700Kと組み合わせて使用すればほとんどのPCゲームをウルトラセッティングでプレイしても余裕でプレイする事ができる。

次にSSDだが、G-Master hydro Z370には525GBのSSDがデフォルトで搭載され、PCゲームを約7本程度をインストールすることが可能だ。

SSDは非常に高価なため、525GBの大容量ドライブは非常にありがたい。また挙動や動作が速いため、3Dゲームのロード遅延などを心配する必要がない。

また、G-Master hydro Z370はケースが決まっているが、これは後から交換する事ができる。なぜならマザーボードがATXなため、ATX規格に合うケースなら何でも取り替えが可能だ。


マザーボードにはASRock製次世代ハイエンド定番モデル
「Z370 Extreme4」を標準装備


最新の第8世代インテル® Core™ プロセッサー対応LGA1151ソケット搭載 ATXマザーボード。

高速/高帯域を誇る最新のDDR4 PC4-21300メモリに対応したIntel Z370チップセット搭載。

安定した通信品質と実績を誇るインテル® ギガビットLANコントローラーを装備。

「インテル® Optane™ テクノロジー」をサポートインテル® Optane™ メモリを使用することで応答性が向上し、PC やアプリケーションが素早く起動するようになり、大容量のストレージを手ごろなコストで活用できます。

ビデオカードの信号干渉を防止するPCI-E Steel Slotsを装備。堅牢なカバーで保護されているため大型ビデオカードの使用も安心。

12,000時間の寿命を誇るニチコン製12Kブラックコンデンサを採用しより優れた安定性と信頼性を提供します。

システムの安定性を支える強力なデジタルPWM、12フェーズ電源デザイン、プレミアム 60A パワーチョークを採用。

最大転送速度10Gbpsに対応した次世代規格USB3.1 Type-AとType-C(各1ポート)を標準搭載。

お好みの色にカスタマイズ可能なASRock RGB LEDに対応。見た目も印象的な、独自のPCスタイルを演出可能。

32Gb/sの転送能力を誇る次世代超高速ストレージインターフェース Ultra M.2スロットを2基搭載。

最新のRealtek ALC1220 オーディオとニチコン製キャパシター、SN 比 120dB の DACとの組み合わせにより、低ノイズで高品質な7.1チャンネルHDオーディオ  「Purity Sound 4」を実装。


筐体には定番静音ケースの最新バージョンFractal Design Define R5を採用


スタイリッシュなフロントデザイン。
高い拡張性と防音性にも優れた
ミドルタワー型静音PCケースの新定番!

前面やサイドパネルに防音性に優れた高密度吸音材を搭載

密閉性を高めることができる ModuVentデザインに対応

HDDを最大8台、またSSDを最大10台まで搭載可能

ケース前面と底面にダストフィルター搭載。快適なメンテナンス性を実現。

専用マウンティングにより左右どちらからでも開閉できるフロントパネル。

前面にUSB 3.0ポート、ファンコントローラ搭載。高負荷時等に冷却性能を更に上げたい場合など、手動にてお手軽にファンの回転数を上げられます。

ワンタッチでサイドパネルを開閉できるクイック開放システム。

14cm角の長寿命・低騒音の流体軸受けファン「Dynamic GP14」をケース前面と天板に標準装備。2つのファンはフロントパネルのファンコントローラーにて3段階(*1)で回転数を制御可能。工場出荷時の500RPM±10%の設定でも熱処理を犠牲にせず、極めて高い静音性を実現!

ドライブベイ外部:5.25インチ×2、内部3.5/2.5インチ共用×8、内部2.5インチ×2

外形寸法:232(幅)×451(高)×521(奥行)mm

(※1)ファンコントローラーは3段階(12V,7V,5V)での設定に対応しておりますが、搭載ファンの仕様上、2段階での制御となります。制御段階は5V時の500RPM±10%と7V,12V時共通の800RPM±10%となります。


公式サイトBTOパソコンのサイコム


また登場だが、円グラフでサイコムのゲーミングPCを簡単に見てみよう。

カスタマイズ性とパフォーマンス共に抜きにでているが、パフォーマンスはカスタマイズ次第で決まるので既存のゲーミングPCをデフォルト評価させてもらった。

デザイン性

デザイン性についてだが、ケースの事だ。よくAmazonで見かけるケースと同じ機種だが強化ガラスタイプやカスタマイズでLEDを搭載する事も可能だ。

またサイコムでは他のBTOメーカーにはないアーマー付きのマザーボードが付いているのもサイコムだけなので非常に評価出来る。自己満足を得たいならBTOはサイコムだ。

またサイコムの公式サイトのPCだが、マニアにはたまらない見せ方をしている。ゲーミングPCは内部デザインと外部のケースで決まると言っても過言ではないだろう。自作PCマニアをくすぐる見せ方も商売戦略としては最高だ。

パフォーマンス性

サイコムのゲーミングPCはデフォルトで高性能なGTX1080TIや第8世代Intel Coreなどが搭載されてマザーボードもチップセットH・Z370の最新ハードウェアで構成されている。

最高品質で購入できれば何の不満もなくゲームやブラウジングまたは4Kテレビで美しい映像を見ることもできるだろう。

VRなども問題なく使用することができるので流行りに追いつきたいなら検討の余地はある。

カスタマイズ性

カスタマイズ性だが、非常に高すぎるため初心者向きではない、本当にデフォルトでカスタマイズが簡単なPCをお求めならこちらを紹介しておこう。

しかし自作PCのエクスペリエンスがある方ならCPU・GPU・RAM・ストレージ・クーラーなどのカスタマイズが可能なため、ユーザーの考えている理想を実現できるのもサイコムの素晴らしいところだ。

問題と言えばOSがデフォルトで搭載されてないPCもあるのでカスタマイズでOSを搭載しておこう。Windows10のhomeとproのDSP版しかカスタマイズで確認してないが選択は自由だ。

さて、ここまで[サイコムのPCについて]を話して来たが、保証やサポートまたは決済方法などに興味はないだろうか?これからサイコムでゲーミングPCの購入を検討しているなら是非ともご覧頂きたい。

サイコムあんしん相性チェッカー

サイコムPCの相性問題だが、[あんなにカスタマイズして相性問題とか大丈夫なの?]と思わないだろうか?これはサイコムが独自システムとして採用している[サイコムあんしん相性チェッカー]があるため安心できる。

なぜならCPUやGPU・メモリーなどとマザーボードの相性が悪いハードウェアは選択できない仕組みとなっているため、カスタマイズで自由にハードウェアを組み合わせても相性問題はほぼ起きない。

またハードウェアの組み合わせで失敗が無いように、ハードウェアの組み合わせごとに相性を診断して問題があったり、物理的に取り付けや搭載が不可能と診断された場合は警告されるので安心してゲーミングPCのカスタマイズを行うことができる。

ゲーミングPCを購入した後もしっかりサポートで安心

サイコムのサポートは非常に優れていると感じる、それはゲーミングPCを購入したユーザーの問題が解決されるまでサポートを続けると言う姿勢に賞賛の声が上がる。

これは万が一、複雑な構造のPCが起動しないフリーズするなどの悩み事もサイコムのサポートにかかればすぐに壊れたPCを治してくれる。だから安心できる。

サイコムの保証

サイコムで購入したPCには通常で1年間の保証がついて来るため、購入して初期不良に当たっても保証期間内であれば無償で修理してくれる。

・延長保証

延長保証(有料)だが、カスタマイズで延長保証に加入することができる。保証料金は、ゲーミングPCの代金が8万円以下で一律4,000円となり、8万1円以上の場合は購入するゲーミングPCの代金5%が料金として加算される。

サイコム決済方法

サイコムで購入するゲーミングPCの決済方法を話して行こう。

支払い方法 対応
・クレジットカード VISA、Mastercard
・コンビニ決済
・ショッピングローン
・ヤマトクレジットファイナンス
・銀行振り込み
・代金引き換え

クレジットカードで決済する場合は非常に簡単な三井住友クレジットカードをおすすめしたいクレジットカードの申請はショッピング枠を最低にして申し込むと審査に受かりやすい特徴を持つためもしクレジットカードをお持ちでないなら

クレジットカードのお申込みはこちら

サイコムのまとめ

サイコムのゲーミングPCはBTO形式での購入となるため、ゲーミングPC初心者が安易に購入する事をおすすめしない。カスタマイズの自由度が初心者にとって煩わしいものとなることは間違いないだろう。

唯一初心者に安心してもらえるのはPCの価格が税込でわかり易いのでケチなBTOメーカーとは違うのが評価できる。

サイコムは自作PC上級者向けのBTOショップだが、意外に保証もサポートも充実しているため検討の余地があり、基本的に購入しても問題はないだろう。

それでは


公式サイトBTOパソコンのサイコム