ライセンス認証には複数のやり方があるのはご存知だろうか?この方法を分かりやすくまとめたのでご覧頂きたい。

この方法はライセンスを認証する手順だが、ストラテジーとも言える戦略的な方法となる。どのような攻め方でストラテジーを繰り出しライセンス認証を行うかは自分次第なのであしからず。

このブログを作るに当たりそれぞれFELTMAN SACHS公認の名前を付けたので覚えておこう。

【スポンサーリンク】

方法1:クリーンアクティベート方法

マザーボードを交換してパッケージ版USBからクリーンインストールしてライセンス認証する方法。

パッケージ版USBからのクリーンインストールは問題なくライセンス認証を受けることができる。ただし非認証リスクは伴う。
またGPUドライバーやマザーボードのドライバーはクリーンに適用され、ドライバー同士の競合を防ぐ事ができる。

・デメリット
問題はないが、後の環境構築が面倒になってしまうので推奨はしない。管理人の環境ではアプリケーションのダウンロードやログイン施工などで5時間を超える作業を必要とした。筋肉痛になる。

やり方は以下に
・BIOSからUSBでWindows10を呼び起こす
・Windows10のプロダクトキーを打つ
・ISOからWindows10をPCにインストール
・ライセンス認証の確認
・ライセンス非認証の対処方法を施工

方法2:ジェネラルアクティベート方法

OSをそのままでHDDを交換せずにマザーボードだけ交換する方法

・メリット
OSそのままなので後の環境構築が必要ない。また一般なライセンス認証の方法でもあるため推奨する。ただし非認証リスクは伴う。

・デメリット
以前のマザーボードのユーティリティやチップセットドライバーの残骸が残るので削除する必要がある。またGPUドライバーは一度削除して再インストールする必要がある。

やり方は以下に
・マザーボードを交換する。
・PCを起動する。
・ライセンス認証の確認
・トラブルシューティングを施工

方法3:ISOアクティベート方法

Windows10のISOからクリーンインストールしてライセンス認証する方法

ISOからクリーンインストールしてライセンス認証する場合、事前にUSBフラッシュメモリーにISOをダウンロードしておく必要がある。ただし非認証リスクは伴う。

・メリット
ISOからのクリーンインストールは問題なくライセンス認証を受けることができる。
またGPUドライバーやマザーボードのドライバーはクリーンに適用され、ドライバー同士の競合を防ぐ事ができる。

・デメリット
問題はないが、後の環境構築が問題があるため推奨はしない。

やり方は以下に
・ISOをダウンロードする。
・Windows10のプロダクトキーを打つ
・ISOからWindows10をPCにインストール
・ライセンス認証の確認
・トラブルシューティングを施工

【スポンサーリンク】

ここまでライセンス認証のやり方を紹介してきたが、次はマザーボードの交換方式を学ぼう。

■チェンジオブマザーボード方式

マザーボードの交換モデルでマザーボードを交換するだけの簡単な方法だ。またスタンダードな交換方法なため推奨される。

デメリットとしてはマザーボードの交換が素人では難しい作業を要すること。だけだが、細心の注意も必要となるなどが上げられる。

チェンジングディスクドライブ方式

マザーボードの交換モデルの一つで別のPCからOSの入ったHDDかSSDをメインPCに移行する方法。

もっとも簡単なやり方だが、デスクトップPCが[交換するPC]と[交換されるPC]の二台が必要になり、デメリットとなる。

最後に

ライセンス認証方法にはいろんなやり方があるが、管理人の推奨は以下に

推奨:ジェネラルアクティベート方法
推奨:チェンジオブマザーボード方法

が戦略的に攻めやすいと考えている。マザーボード交換だけでの済むので後の環境構築を必要としないためだ。

【スポンサーリンク】