Google AdSense

グーグルアドセンスの審査は、以外にも簡単なのはご存知だろうか?やるべき事をちゃんとしたやり方でブログを審査に出せば、それだけで合格だ。

それは、ただ真面目にあなたがスマホでいつも見ているブログのようにオリジナル性のある人の役に立つブログを作ればいい話だ。

こんなシンプルな話を深く考える必要はない。

アドセンスで稼ぐ事も、これからアドセンスで収益(マネタイズ)を得ることも、不労所得で暮らすことも、全て審査にかかっている。

では、これからアドセンスの審査に効果的に合格する方法を詳しくご解説していきたい。

このブログの通りに試して頂ければ、アドセンスに合格できる可能性が高くなるので、ぜひ、じっくりご覧頂いて、実践してみて欲しい。

【スポンサーリンク】

Google Adsenseの審査とは?

アドセンスの2020年現在の審査方法はまずアカウントを作成し、アカウントを有効化(ブログの審査に合格)すればアドセンスの広告を自分のブログに掲載する事が可能となる

  • アドセンスに合格するまでの流れ
  • アドセンスのアカウントの作成
  • アドセンスのアカウントの有効化

アドセンスのアカウントを作成後にアカウントを有効化(審査を受ける。)手順は次のとおりだ。

  • サイトと AdSense をリンクする
  • お支払い先住所を指定する
  • 電話番号を確認する
  • サイトやブログの審査

この後でアカウントの審査が始まるのでブログのコンテンツを準備しておこう。

アドセンスに登録する独自ドメインはURLの母体(URLの根幹)なため、アドセンスに登録したURLの付いた、全てのブログが審査対象となる。

それゆえ独自ドメインを取得した直前にアドセンスの審査を受けることが望ましい。

もし、登録した独自ドメインがアドセンスの審査基準に違反していれば審査どころの話ではない。

アドセンスのアカウントを作成する。

アドセンスのアカウントの作成(申し込み)では最初に、スマホのグーグルアカウント(Gmail)を用意して以下のアドセンスサイトから申し込みをしてほしい。

アドセンスのアカウント作成画面で以下を入力すればアカウントを取得する事ができる。

●アカウントの作成
①:書類内容に不備がないか?
②:規約に同意があるか?
③:独自ドメインを持ってるか?

などが、自動で審査され、必要事項に記載があり、独自ドメインまたはBloggerのサイトを所有して、最後に規約に同意があればアドセンスのアカウントを自動で作成する事が出来る。

申請の数分後に機械により、メールが送られて来ればアカウントの作成が完了となる。

アドセンスの審査を受ける前にご自身のサイトがユーザーにとって役に立っての興味を引く、独自性の高いコンテンツであるのかを確認しておこう。

なぜなら収益にならないサイトをアドセンスが合格させても、自分のサイトにお客様がアクセスしなければ、広告を見てもらうことはないので、アドセンスが儲からなくなってしまう可能性がある為、あなたを不合格にしてしまう事があるわけだ。


ホスト パートナー ウェブサイト

アドセンスのアカウントを作成する場合、グーグルのホストパートナーであるBloggerやYouTubeのサイトの場合は、ホストパートナー のサイトからアドセンスのアカウントの申し込みを行ってほしい。


アドセンスのアカウント有効化プロセス

アドセンスのアカウント作成に成功したら、次はサイトに広告を掲載して収益をア獲得する為のカウント有効化プロセスを実行していこう。

アカウント作成後にアドセンスのホームページにログインすると、アドセンスのアカウント有効化プロセスがが表示されます。全ての作業を完了して、[完了] または [送信] をクリックしよう。

なぜ、アカウントの有効化プロセスが必要なのか?気になるだろうが、この作業を行うことで審査時間が短縮され、最短1日で合格通知が来るため、必ず以下のアカウントの有効化プロセスを済ましておこう。

AdSense アカウントを有効にする手順は次のとおりです。

  • サイトと AdSense をリンクする
  • お支払い先住所を指定する。
  • 電話番号を確認する(一部の国でのみ必要な手順です)
Step1:サイトと AdSense をリンクする

アドセンスの有効化プロセスを実行するにはリンクコードを自分のブログに貼り付けます。

コードの貼り付け手順は以下の通りとなる。

  • アドセンスのホームページにログインしてコードをコピーする。
  • 自分のブログページの HTML(<head> タグと </head> タグの間)に、このコードを貼り付ける。

アドセンスの審査に合格すればアドセンスの広告が表示されるようになり、アドセンスの広告を掲載したいブログ全てに広告コードを追加すれば、手順はすべて完了となり、すぐにサイトのコンテンツを収益化する事が可能だ。

Step2:お支払い先住所を指定する。

ここではブログで稼いだ収益を受け取るための口座番号と今、お住いの住所を登録していこう。

アドセンスのホームページでメニューの一覧から[支払い] をクリックする。

[お受け取り方法]で銀行の口座番号を入力して。

[設定]ではいまお住いの住所を設定する。

アドセンスから郵送物を受け取るための住所を設定しておく必要がある。
これはブログの収益が8000円の基準額に達すると、ブログの管理人にお金を支払うための、個人識別番号(PIN)が郵送されるためだ。稼いだ金を受け取るには、アドセンスのホームページに、この PIN を入力する必要があるので覚えておこう。
Step3:電話番号を確認する(一部の国でのみ必要な手順です)

電話番号の確認方法

アドセンスのホームページにログインする。

[電話番号を確認してください] という場所で、スマホの番号を入力する。

+(国コード)(電話番号)

例:+81090#######

[確認コード]をテキストメッセージまたは音声通話のどちらで受け取るかを選択して[確認コードを取得] をクリックする。

次のページで、Google から送信された 6 桁の確認コードを入力して [送信] をクリックする。

これらのアカウントの有効化作業を適切に完了すると、アドセンスに提出したブログがポリシー(ルール)を守っているか?が審査され、審査に通ればアカウントの有効化(合格)のメールが来るので待とう。

本来、この手続きは通常 1 日未満で終了するが、アカウントの有効化プロセスをスキップした場合は、より長い時間がかかることもあるので、必ず有効化プロセスを完了しておこう。

【スポンサーリンク】

AdSenseの審査に合格する方法

アカウントの有効化プロセスが完了すれば晴れてアドセンスに合格し、自分のブログに広告を貼り付け、収益化する事が可能となる。

では、そのアドセンスの審査に合格する方法だが、アドセンスの審査スタッフがお客様のブログを閲覧できるように公開しなければならない。

  • ウェブサイトの公開をしてない。
  • 十分な量のテキストコンテンツを有していない。
  • 作成中のサイト
  • 表示出来ないサイト(テキストが画面よりはみ出したサイト)
  • 操作しにくいサイト

上記のブログの場合は、基本的にアカウントを有効(審査に合格)にすることは出来ないので覚えておこう。


コンテンツ ポリシー


コンテンツポリシーとは、アドセンスが定めだ規約(ルール)で、この規約にブログが準拠してないと審査でBANされる可能性が高くなる。

ブログの運営者は、アドセンスのコンテンツポリシーに違反しているブログで アドセンスの審査をしても受からないので覚えておこう。

では、以下の中から禁止コンテンツの一覧を確認してほしい。

  • アダルト コンテンツ
  • 家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
  • 危険または中傷的なコンテンツ
  • 危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ
  • アルコールに関連するコンテンツ
  • タバコに関連するコンテンツ
  • ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ
  • ヘルスケアに関連するコンテンツ
  • ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ
  • 報酬プログラムを提供するページ
  • 不適切な表示に関連するコンテンツ
  • 衝撃的なコンテンツ
  • 武器および兵器に関連するコンテンツ
  • 不正行為を助長するコンテンツ
  • 違法なコンテンツ

この上記に当てはまる審査用ブログを作成すると、[禁止コンテンツの宣伝]となるので注意してほしい。

アドセンスの審査を受ける上で審査の評価が上がるポイントを解説

アドセンスの審査になるべく一発で合格したい方は、次の点を面倒くさがらずにやって行こう。

  • プライバシーポリシーは?
  • 免責事項は?
  • 運営者情報は?
これらの情報は審査でプラス評価されやすいので、ワードプレスなら固定ページに上記の名前のブログを3つ作り、公開しておこう。
もし分からないのなら、当サイトの方で
用意したので、そのままコピーペースして、使ってほしい。
プライバシーポリシーなどのZIPファイルをダウンロードするには下記から。
コピーペーストで大丈夫なの?って思った方は心配はないので、安心してほしい。そのままワードプレスの固定ページにコピペしてほしい。

高品質なアドセンス審査用ブログの作成方法。

1つのブログ(ワードプレスかBlogger)で良いのでアドセンスのポリシーに準拠したブログを、最初の見出しから最後の見出しまで、オリジナルの画像と文字で適切に最適化されたブログを1つだけでも用意しておこう。
完成度99.9%まで、1つのブログのテキストをブラッシュアップ(磨き上げ)する。

後にアドセンスの審査を受ける場合、記事数より、何より1つのブログの質の高さが、審査では物を言うので、完璧なブログを一つ完成させておけばアドセンスの審査で合格する可能性が高くなる。

アドセンスの審査に合格するまで

アドセンスに合格するまでの所要時間は 1 日で完了する場合と数週間を要する場合がある。これはブログ運営者がアカウントの有効化プロセスの必要な作業をスキップする事で審査が大幅に遅れてしまう場合もある。

有効化プロセスをスキップしてしまった方は必要なプロセスの作業が完了した後に審査が再開するので下記のポイントを抑えておこう

アカウントの作成

アカウントの有効化プロセスを施工

AdSense アカウントを有効にする手順は次のとおりです。

サイトと AdSense をリンクする
お支払い先住所を指定する
電話番号を確認する。

そしてブログの審査が始まる。

合格

上記のようなアカウント有効化プロセスを済ませると審査までの流れがスムーズになるのできちんと履行してほしい。

アドセンスの審査に合格できなかった場合の対処方法。

アドセンスの審査に受からない理由はアドセンスにアカウント作成時に登録したメールを確認する、またはアドセンスの公式ホームページにアクセスする事で理由を確認する事ができる。

アドセンスの審査に受からなかった理由と問題の対処方法について説明していきたい。

  • ウェブサイトの公開をしてない。
  • 十分な量のテキストコンテンツを有していない。
  • 作成中のサイト
  • 表示出来ないサイト(テキストが画面よりはみ出したサイト)
  • 操作しにくいサイト
  • コンテンツポリシーに違反している。

なお、アドセンスの審査の対象とは同じ独自ドメインを持つ全てのブログであることも考えておこう。

新人なら独自ドメインを取得した直後にアドセンスに審査を申し込

もし、ベテランで、クセが強いブログなら新しく独自ドメインを取得するのが良いだろう。

そして、コンテンツを修正(FIX)し、アドセンスの公式ホームページにログインして、ポリシー違反を解消したことを確認してほしい。

すでにアドセンスのアカウントを持っている場合

アドセンスの利用規約ではアカウントはブログ運営者の 1 人につき 1 つのみが許可される。

他のアカウントを閉鎖してからアドセンスの公式ホームページにログインして、アカウントを閉鎖したことを確認してほしい。その後でアカウントの有効化を再開させる事ができる。

また、無効なトラフィックやポリシー違反などが原因でアカウントが停止された場合は新しいアドセンスアカウントを開設することはできないので注意しよう。

これは、アドセンスアカウントのメールを新設して再申し込みでも不可能だ

独自ドメインが禁止されている以上同じ独自ドメインでは二度とアドセンスを開く事が出来ない。

アドセンスの審査と規約について

アドセンスの審査と規約とは相対して違う理由は[規約は規約]であって[審査は審査]と考えたほうが良さそうだ。

・規約とは?
アドセンスの規約とは審査後やアドセンスに合格したサイト運営者に適用されるもので審査とは違う。

・審査とは?
アドセンスの審査はアドセンス側で定めた審査基準に添って行われ合格が判断される。

つまり規約とは合格後に適用されるものであり、審査とは合格前のサイトやブログがアドセンスの審査基準を満たしているかどうかを審査するためにある。

では最後にWEBメディアはなぜ混乱しているのか考察してみよう

最後に

アドセンス情報が混乱している原因は,他のアドセンスブログの規約と審査が混同して正確な整合性を計ることが難しい状態にあると言うことだ。

実はアドセンスの[審査基準]が公表されていない以上は全てのアドセンスブログは、ただの憶測で審査基準を定めていることをよく理解しておく必要がある。

なお、このブログは信頼性を重視しているため、既存のWEBメディアを参考とせず、[公式グーグルアドセンスのヘルプ]を参考に、お客様に分かりやすくリライトしたブログなため、WEBメディアに存在している以上、正確な情報提供に注力していることを理解してほしい。

嘘や偽りのない真実を望ましい形でユーザーにお伝えしていくことがWEBメディアの役割なのであれば、その限りではない。

【スポンサーリンク】