Building PC

OSはPCを使う以上必ずといって良いほど必要になるソフトとなる。特にWindowsは世界シェアが1位のOSとなり、自作PCユーザーに取って絶対必須のソフトとなる。

Windowsは大きく分けて2つあり「パッケージ版」と「OEM版」のそれぞれの特徴を解説していきます。

パッケージ版とは?

パッケージ版で販売されているOSソフトです。まずはパッケージ版の値段ですが基本価格は高いですがMicrosoft社の無償サポートが付きます。

またOSのPCからPCの移動が認められていますので既にWindows10がダウンロードされたPCのHDDを別のハードウェアが交換・変更されたPCに移す事が出来ます。

またSSDからアンインストールすれば、他のPCへダウンロードする事ができます。

OEM版とは?

メーカーやショップで最初からプレインストールされ,直販で販売されているnotePC・desktopPCは、たいていWindows10のOEM版です。

OEM版はパッケージ版より制限があり、PCからPCへのOSの移動は認められていません。

なおOEM版なためmicrosoft社のサポートはつきません。

OSまとめ

・パッケージ版の特徴
パッケージ版はPCからPCえの移動を認めている。パッケージ版はmicrosoft社のサポートがついています。

・OEM版の特徴
OEM版なためPCからPCえのOSの移動は不可となります。OEM版なためmicrosoft社のサポートはつきません。