Building PC

PCの電源は各種ハードウェアに電力供給する大事な機関だ。この電源の選び方次第で電気代や保護回路の有無が決まる。

PCの電源にはSFX電源とATX電源の2つの規格があり、スリム型ケースやミドル・フルタワーケースに使われてる。

SFX電源

SFX電源はスリムタイプの電源でPCケースのスリム型に使われてることが多い。

ATX電源

ATX電源はスタンダードタイプの電源となる、主にミドル型ケースのデスクトップPCやゲーミングPCに使用されている。

SFX電源とATX電源は互いに同じ

ATX電源はATXマザーボードとmicroATXマザーボードの両方を起動させる事が可能です。

他のサイトでは勘違いしているのかわかりませんがATX電源とはATX対応のMiddle Towerケース用に規格されたATX電源でMother Board用の電源規格は存在しません。

ATX電源=Middle Tower Case用

SFX電源=Slim Tower Case用

つまりATX電源及びSFX電源はMiddle&SlimのCase用に規格策定された物です。

したがってATX Mother BoardとMicroATX Mother BoardはSFX電源及びATX電源の使用を可能にします。

PCの電源にはタイプがある。

PCの電源にはタイプがあります。これは
以下に記載

・Bronze:保護回路無し:電気代普通
・Silver:保護回路有り:電気代
・Gold:保護回路有り:電気代
・Platinum:保護回路有り:電気代
・TITANIUM:保護回路有り:電気代

この電源のタイプは80plusと規定され、そのグレードによって電気変換効率が良くなる。この電気変換効率とは消費電力の事でグレードが高いほど電気代が安くなる。

電源のグレードは保護回路があるかという問題もある電源のスタンダードやそれ以外では保護回路が通っていない電源もある。

保護回路がなければPCのハードウェアを電力供給の過多により、ハードウェアが故障・破壊されることがあるので高いグレードの電源を購入すれば良いだろう。