Building PC

CPUは(Central Processing Unit:中央処理装置)でコンピューターの制御や演算などを処理し情報転送をつかさどる中枢部分となる。CPUはすべての処理を行うハードウェアでこのCPU一つ変更するだけで自作PCの性能が大幅にアップグレードされる事になります。

・CPUの種類

Intel製CPUはIcoreシリーズの3・5・7とセレロン・ペンティアムのCPUの種類があり,それぞれ性能に差があります。

・CPUの性能
CPUの性能は以下を参照

※Icore7 High End

※Icore5 Middle End

※Icore3 Standard

※Sereron Low End

※Penthiam Low End

となり、ゲーミングPCや自作PCの場合はこのIcoreシリーズの3・5・7が主流になります。

セレロン・ペンティアムはノーマルPC向けでゲーミングPCには向きません。

・CPUの世代

現在のIntel製のCPUは第7世代が主流でIcoreシリーズの3・5・7の7000番台になります。

※第2世代・LGA1155・2000番台

※第3世代・LGA1155・3000番台

※第4世代・LGA1150・4000番台

※第5世代・LGA2011・5000番台

※第6世代・LGA1151・6000番台

※第7世代・LGA1151・7000番台

となります。LGAはMother BoardのCPUソケットの規格です。

CPUクーラー

CPUクーラーには水冷式と空冷式の2つがあるがCPUを冷やす理由はCPUが熱くなりすぎるとゲーミングパソコンのフリーズや挙動不審になる可能性もあるため、なるべくならCPUクーラーを購入してCPUを効果的に冷しておこう。

CPUを買うと付属品としてリテールクーラーがついて来るがリテールクーラーは高負荷時の冷却性能が悪く新しいCPUクーラーを購入した方が無難だろう。

CPUクーラーはマザーボードのCPUソケットと同じ型番にする必要がある。LGA11〇〇の型番に合わせて購入しよう。