ゲーミングPCとPS4どちらが良いか?疑問に思わないだろうか?これはゲーミングPCやPS4を持つ方なら誰でも思うことだ。
そこで今回は、ゲーミングPCとPS4どちらが良いか比較して行こうと思う。面白い事に両者は非常に対象的でどちらにもメリットやデメリットがある。

今回は、そこらへんも含めてblogを読み進めてもらいたい。

ゲーミングPCとPS4の違い

ゲーミングPCとPS4の違いはシンプルすぎるくらい簡単で自作できるか?どうかにある。

なぜならメーカー製である[PS4が文鎮化して改造する事は出来ないが簡単にゲームをする事ができる。]

ことと[自作PCが自由に改造できる分、PCの知識に疎いと非常に煩わしい対策や対応をしなければならない]と言う点だ。

この点も踏まえ[PS4は改造不可]で[ゲーミングPCは改造可能]と言う対象的なものがメリットやデメリットを浮き彫りにしている。

では、これから両者のメリットとデメリットを解説して行きたい。

PS4のメリットとデメリット

①PS4のメリット

PS4のメリットはゲームソフトさえ購入すれば簡単に遊べて、煩わしい対応がいらない点が素晴らしい。

そしてPS4本体のコストパフォーマンスはコントローラーや本体または電源とHDMIケーブル付属で価格が3万円台であることに驚かされるばかりだ。

ゲーミングPCなら余裕で10万円を越えてもさらに投資が必要なPCゲームもあるため、ここではコストパフォーマンス重視のPS4に軍配が上がるだろう。

PS4自体はユーザーフレンドリーな作りなため難しい作業や増設などもせずに、ゲームソフトを購入さえすれば手軽にゲームを遊べる点も評価が高い。

PS4はデザインや見た目もスリムでTVの前などに置けばインテリア感を醸し出す事ができる。縦置きなら尚更良い。

またHDDをSSDに変更する事ができるのでゲームソフトの読み込みを多少なりとも速くする事ができる。


②PS4のデメリット

PS4のデメリットだが、これは深刻な問題だ。なぜならPS4のHDD以外のハードウェアを交換する事が出来ないためだ。

ハードウェアが変更出来ないと何が起こるかご存知だろうか?例えばこんな経験した方は多いはずだ。

遠くの[映像や描画がぼんやりしてたり、チカチカしたりしてラグくて重い]など.
これらの原因はPS4のCPUがオンボードで描画や映像を処理しているためで(PS4のCPUが映像や描画を処理している。)ゲーミングPCならグラフィックボードがこの映像や描画の処理を行っているため非常に美麗に景色を眺めることができる。

つまりPS4は映像や描画の処理に問題があり、ゲームソフト次第では上記の現象が起こりやすいと言える。

映像や描画の処理が遅いと遅延が発生してFPSでは撃ち負けてしまう可能性もあるため、FPSのマニアやファンは見過ごすことは出来ないだろう。

またPS4のケースはスリムタイプなため、吸気や排熱がかなり悪いのも気になる。

PS4はなぜ?こんなに熱いのか疑問に思う方もいるはず、PS4の熱さは電源部分(HDMIがある後ろの排熱部にある)とAMDのCPUが原因だと言われている。そのためPS4の故障の原因となる本体の熱さ対策をしなければならない。

AmazonにPS4のクーラーを購入すれば多少の熱対策はできるが、ファンの回転がうるさいので快適ゲームプレイを壊しかねない。

しかし文鎮化されたPS4のハードウェアにCPUクーラーやファンを増設したり取り付ける事は出来ず、解決が難しい所が非常に歯がゆい。

ゲーミングPCならCPUを冷やすために空冷ファンや本格水冷化する事が可能なのでPS4のデメリットをゲーミングPCが解決できる。

PS4はダウンロード版とパッケージ版のソフトがあるがパッケージ版の場合ゲームの起動時にディスク認証が必要である事が煩わしい。もちろんダウンロード版もあるがこちらは売ることが出来ないのでPS4のアカウントを捨てればゲームソフトすべてが放棄された事になる。

・PS4ではパッケージ版ディスクの認証を必要とする。

・PS4ではパッケージ版のソフトをHDDへインストールする事が出来ず、常にディスクを入れ替えを必要とする。

・ゲーミングPCのパッケージ版ではディスク認証を必要としない。

・ゲーミングPCではパッケージ版のソフトをHDDへインストールする事ができるため、、常にディスクを必要としない。

ゲーミングPCのパッケージ版はゲームソフトをHDDにインストールする事が出来るためパッケージ版で合ってもインストールさえ済めばあとはディスク認証を必要としない点ではゲーミングPCに軍配が上がる。


PS4のメリットやデメリットまとめ。


PS4のメリット
・シンプルにゲームができる。
・コストパフォーマンスが優秀
・ユーザーフレンドリー
・デザイン性が優秀


PS4のデメリット
・PS4のハードウェアが交換出来ない。
・画像や描画が遅延する事がある。
・PS4が燃え盛る炎のように熱い。
・CPUを直に冷やす手段が皆無
・PS4では常にパッケージ版ディスクの入れ替えが必要になる。

ゲーミングPCのメリットとデメリット


①ゲーミングPCのメリット

ゲーミングPCのメリットはハードウェアの構成を自由に交換できるのが最大の利点と言える。これはゲーミングPCの処理不足や性能不足をハードウェアのアップグレードによって補えば[処理速度]や[映像・描画の処理]を改善する事が出来る。

このためゲーミングPCはPS4よりは綺麗な山間部の映像を映し出したり、遠方まで綺麗に見渡すことができたりするので、この点ではゲーミングPCが有利と言える。

ゲーミングPCではミドルやフルケースでエアフローを改善できる。CPUクーラーやLEDファンでケース内部のエアフローを改善する事ができるので熱さを気にせずに長時間プレイできる。

PS4ではスリムタイプなのでエアフローなんか考えている余裕はなさそうだが、ゲーミングPCのケースは内部が広くエアフローが良いので熱対策はケースファンやCPUクーラーだけでかなりの熱対策になる。

ゲーミングPCのCPU交換は文鎮化したPS4とは違い交換が可能だ。これはPCゲームのスペックに合わせて交換する事が可能なため、PCゲームの要求スペックを満たしてない場合もCPUやGPUを交換すれば良いだけなので便利。

・ゲーミングPCではソフトにMODが導入できるため、本来のゲームソフトの遊び方以外の遊びもできる。映像の美麗化MODや本来チートが無いゲームソフトでもチートを導入できたりするので大いに楽しむ事ができる。

ゲーミングPCは互換性があり、例えばPS2やPS3時代のゲームソフトをプレイする事ができる。PS4は互換性は無いがPSストアで過去のソフトのリメイク版が販売されている。

・ゲーミングPCのパッケージ版ではディスク認証を必要としない。

・ゲーミングPCではパッケージ版のソフトをHDDへインストールする事ができるため、常にディスクを必要としない。


ゲーミングPCのデメリット

ゲーミングPCのデメリットはやはり高価であることが上げられる。非常に高いため値段を見たらPS4で良いと思う方もいるかもしれない。

コストパフォーマンスをゲーミングPCに求めるのは性能の低下を招く恐れがあるためゲーミングPC=コストパフォーマンスでは成り立たないのもデメリットとなる。

もちろんゲーミングPC自体は安いデスクトップPC(5000円の中古)からでも参加できる。低コストでデスクトップPCを購入してハードウェアを導入していけば良いだろう。

ゲーミングPCとはBTO型か自作PCが主体で自作PCで組む場合はハードウェアの規格や電源の配線などを勉強しなければならない。

また自作PCは[自分で欲しいパーツを購入して組む]と言うのが定番なので当然メーカーによる保証は無いに等しい。

ゲームソフトのダウンロードではソフトにドライバーを必要とする事があるため、非常に分かりにくい。

ケースがでかいので置き場所をあらかじめ用意しておく必要がある。



ゲーミングPCのメリットとデメリットのまとめ。


ゲーミングPCのメリットまとめ
・ハードウェアの交換が可能
・綺麗な山間部や遠方を見渡すことができる。
・ゲーミングPCではケース大きさでエアフローを改善できる。
・ゲーミングPCではソフトにMODが導入できる。
・PCゲームのスペックに合わせてハードウェアを交換する事が可能
・ゲーミングPCは互換性があり、PS2やPS3時代のゲームソフトをプレイする事ができる。
・ゲーミングPCのパッケージ版ではディスク認証を必要としない。


ゲーミングPCのデメリットまとめ
・ゲーミングPCは値段が張り高価
・ゲーミングPCを組む場合は勉強が必要。・メーカーによる保証は無いに等しい。
・自分で欲しいパーツを購入して組むという難しさ
・ゲームソフトのダウンロードでは必要なドライバーがないと起動しない。
・ケースが大きいので置き場所に困る。

ゲーミングPCとPS4どちらがおすすめか?

最後にゲーミングPCか?PS4か?どちらが良いか?だが管理人的にはゲーミングPCをおすすめしたい、なぜなら自作PCの作り方や構造を一度覚えてしまうとPS4が[チッポケなコンソール]に見えてしまい不満が爆発してしまうのは管理人だけだろうか?。
このPS4という[珍獣]に不満があるとすれば以下に記載する。

・ケースを取り替えることができれば…
・吸気や排熱を良くしたい。
・熱い熱すぎる。
・GPUを取り付けて映像や描画を綺麗に
・CPUクーラーを取り付けたい。
・ファンが一つでは不安だし熱いし

など不満を上げればキリが無いが、なんとかプレイしている感じだ。この不満がゲーミングPCならすぐに解決できる点がゲーミングPCをおすすめする理由となる。

ゲーミングPCのハードウェアの性能を上げれば処理速度や映像・描画を大幅に改善できるし、容量についてはHDDを1~8以上取り付ける事ができるため、保有するPCゲームが例え数100本越えたとしても互換性と大量のHDDさえあれば全て一台のPCにインストールしてプレイする事もおすすめな理由だ。

では結論だが管理人の裁量によって判断したい。ゲーミングPCやPS4のメリットデメリットをまとめると↓

[ゲーミングPCはコストが高いがランニングコストに優れたゲームマシン]

[PS4はコストパフォーマンスに優れるが、取り替えが出来ない消耗品である。]

これらの理由からランニングコストに優れ、ハードウェアを自由に交換する事ができ、性能を自由にアップグレードできるゲーミングPCをおすすめしたい。

最後に

如何だっただろうか?ゲーミングPCとPS4の違いはお分かり頂けただろうか?どちらもメリットやデメリットがあるため、自分にあったやり方で最高のゲームライフを見つけてもらえれば何より幸いだ。

それでは