Google AdSenseのロングテールブログでフリーランスに生きる方法。|Needs

Google AdSense

目次

アドセンスで成功するにはトレンドアフェリ型とロングテール型の2種類あるのはご存知の方は多いはず。

そこで今回は、Googleアドセンスに特化したトレンドアフェリとロングテールの詳細を具体的に解説していきたい。

Googleアドセンスのトレンドアフェリ型とロングテール型はどちらが収益(マネタイズ)が優秀か?は結果からお伝えするとロングテール型なら収益(マネタイズ)において優秀な成績を残すことができる。

この点を踏まえ今から詳細をお伝えしていこうと思う。

【スポンサーリンク】

ロングテール型とトレンドアフェリ型の違い

この違いを理解するためには、まず、説得力や文章力が必要とされる「ロングテール」と、ニュースや速報性が必要とされるトレンドアフェリの違いを抑えておく必要がある。

はっきり言うと、その違いは以下の通りだ。

トレンドアフェリ型:たまたまニュースが飛び込んで来たから検索しただけ。

ロングテール型:自分の知りたい情報を調べただけ。

ロングテール型は、ほとんどの場合、”自分の知りたい情報を探す”を前提としているため、読むことに対する読者の目的意識が高い。

一方、トレンドアフェリ型の場合、読むきっかけは「ニュースが入りgoogleで検索した時にたまたま出て来たから」だとか、「ソーシャルメディアでたまたま流れて来たニュースにつられて」という突発的なものだ。

つまり、読むことに対する目的意識がロングテール型のメディアに比べて低いことになる。

だからこそ、ロングテール型の場合、「文章力を高めブログの品質を高めるか?」だけでなく、「いかに説得力を高めて途中で離脱せずに最後まで読み進めてもらうか?」も徹底して考える必要がある。

そして以下で説明しているが

・物理的に同化しない文章
・物理的に同化した文章

なども学び願えたら完全にロングテール型やトレンドアフェリ型がなんなのかをご理解いただけるはずだ。

これからするロングテール型やトレンドアフェリ型の詳細を最後までお読み頂き、じっくりと理解できるまで読み進めてみて欲しい。

ロングテール型やトレンドアフェリ型の基本的な要点

まずロングテール型やトレンドアフェリ型の要点を理解しておく必要がある。このロングテール型やトレンドアフェリ型は互いに相対的(Relative)な要素を持っていることは知っているだろうか。

この相対的(Relative)な要素を理解すればロングテール、トレンド共にマスターできる。

ではロングテールやトレンドアフェリの要点を解説していきたい。

これは記事内容やタイトルが[物理的に同化しない文章]でロングテール型の記事を構成する事が可能だ。

少し難しいが[物理的に同化しない文章]と言うのは[人類の永遠のテーマ]が上げられる。

・人類の永遠テーマとは?以下に記載
歴史・ダイエット・医療・歯科・金融・生活・結婚・恋愛・SEX・経営学・学問・論理・宇宙・食事・宗教・などがある。

では[物理的に同化した文章:トレンドアフェリ]とはなんなのか?これはトレンド系や商品・時事ネタなどが上げられる。

・トレンド系や商品・時事ネタとは?以下記載
・商品・ニュース・トレンド系のネタ

などが上げられるが[物理的に同化しない文章:ロングテール]と[物理的に同化した文章:トレンドアフェリ]だと、どのようなことが起きるのか具体的に説明する。

例えばブログで商品を紹介するとする、そうすると10年後まで検索される事は不可能になり、稼ぎ続ける事はできなくなる。

なぜなら、経済は常に進化するものであれば商品には寿命があって当たり前になり、古くなれば、その商品を買わなくなると言うこと。

この商品のタイトルと内容が入ったブログの事を[物理的に同化した文章]で構成されたブログと言う。

記事の言葉が[物理的に同化しない記事:ロングテール]を作るにはブログの中の文章に商品などのトレンドネタをタイトルや文章に含めない事で文章に防腐剤を撒き,サイトの衰退化を止める事ができる。

[[物理的に同化した文章:トレンドアフェリ]はサイトを衰退させ言葉を腐敗させて、やがて言葉が死語になっていく]

【例・ビデオテープやカセット】

この[言葉の防腐対策]を行って始めてロングテール型のブログがする。

このようにロングテール型のブログは[物理的に同化しない文章]でロングテール型になり、トレンドアフェリは[物理的に同化した文章]で構成されていることが良くお分かり頂けたはずだ。

ここまでロングテール型とトレンドアフェリの基本的な要点をお伝えしたがロングテール型やトレンドアフェリ型の具体的な詳細を解説していきたい。是非ともご覧頂けたら幸いだ。

【スポンサーリンク】

ロングテール型サイトとは?

Googleアドセンスでロングテールブログを展開する場合はビジネススキルが必要な物販アフェリエイトとは違い、クリックだけで報酬が発生するため、多種多様なロングテールブログを作成することが可能だ。

なので、ロングテール型のサイトを築く場合、ビジネススキルを除いた戦略が必要になり、いかに説得力と文章力が備わったブログを作成するか、にこだわらなくてはならないだろう。

こうしないとユーザーが離散してしまう可能性があり、Googleアドセンス型のブログでは説得力と文章力がロングテール型の鍵になるだろう。

読まれるロングテール記事の基本は検索ユーザーへの分かりやすい言葉で伝えたいことを伝える。

またロングテール型ブログはアクセスがくるまで時間を必要とするため長いスパンでサイトを育てて行くことが課せられる。

では大量にアクセスが集めるにはどうすればいいか?だが、これはSNSでアクセスが集まるように効果的な戦略を打てばブログを上位表示できるようになる。

[一つのキーワードに絞って、ブログを多く作成してGoogleの評価を上げていけば、そのアクセスで上位表示を維持する事ができる。]

ロングテール型ブログの文字数

ロングテール型の文字数は約3000文字以上のキーワードに特化したものがいいだろう。

なぜなら3000以下では説得力や文章力が不足して、ユーザーアビリティーが落ちる可能性があるため、説得力と文章力を伸ばさない事にはGoogleアドセンスで失敗する可能性もある。

Googleアドセンス型のロングテール戦術とは商品を販売しないビジネススキルが試される。

それは、つまりみんながブログを見て納得されるだけの説得力を持った文章力でブログを作成する必要がある。この説得力と文章力のライティングスキルに、こそ力を入れるべきだ。

そうしないとオンラインからもネット上からも[バスト:Bust:排除]され、君はいなくなるだろう。

ではここまでロングテール型の解説をしてきたが、ここからはトレンドアフェリについて話して行く。

トレンドアフェリとは?

Googleアドセンス型のトレンドアフェリは主に時事ネタを扱う事になる。

トレンドサイトは主に芸能やニュース・政治・金融などがあり、スマホのニュースサイトで速報で伝わる記事をリライトして公開する事になる。

[トレンドアフェリは作業量が物を言うので毎日1日も欠かさず作業してないと後は検索されなくなっていき収入はゼロになる。](これを:offtrend現象と名付けよう。)

そのためトレンドアフェリを選択する場合、上記のリスクを負いながらGoogleアドセンスを始めて行く必要があるため、トレンドアフェリではチュートリアル程度の感覚で始めて後にロングテール型に移行するイメージを抑えておく必要がある。

しかし、トレンドアフェリは悪いことだらけではない。トレンドアフェリには特徴があり、

・アクセス力が非常に高い。
・突発性の収入に優れる。

の2つの特徴を持つ、これはトレンドを追った形での所謂[偶発的なアクセス]で[突発的に収入]が入ってるだけでトレンドが終了すれば、残るのは突発的な収入だけだ。

しかも大量のアクセスを集めても、ブログの内容はリライトした記事なため、ブログの文章力や説得力に乏しい所に信頼(Credit)が無いのは明白だろう。

つまり

・ユニークユーザーが付きにくい
・広告を貼り付けても購入されない。

と言うブラックな状態になりかねないためGoogleアドセンス型のトレンドアフェリではチュートリアル程度に収め継続的な収入が見込めるロングテール型に移行するほうがいいだろう。

トレンドアフェリについて話して来たが次はロングテール型とトレンドアフェリのどちらが収入の増大につながりやすいか見てみよう。

ロングテールとトレンドアフェリのどちらが安定した収入になるか考察する。

ロングテール型とトレンドアフェリはどちらが稼ぎやすいか?だが結論からお話しするとロングテール型の方が稼ぎやすい。

なぜならGoogleアドセンスで稼ぐにはロングテール型の説得力と文章力が優先されるからだ。

その根拠はGoogleアドセンスの広告配信はユーザーの行動をトラフィックしてユーザーに最適化された広告が流されるが。

ではどうしたらクリックしてもらえるのか考察してみよう。

・興味がある広告が配信されてたから

・ユーザーがサイトを訪問して、ブログに納得してクリックする。

いわゆる[ブログに感謝型]と[広告に興味型]にユーザーのクリック意識は別れるだろう。

これはトレンドアフェリでは致命的でニュースが配信されてきた記事をリライトしてユーザーにお伝えするため、説得力や文章力に乏しいトレンドアフェリでは感謝でクリックなんてしないのは明白だろう。

しかし説得力と文章力を兼ね備えたロングテール型なら話は違くなる。感謝型の恩恵は膨大な量の諭吉になるだろう。

それは日に6万円と言う日給になって帰ってくる可能性がある。

ゆえに一番稼ぎやすいのはロングテール型と言える。

Google AdSenseの好みはどっち?

Google AdSenseはロングテール型のブログを好む。トレンドアフェリはあまり好まずあまりやりすぎるとアカウントが停止される場合がある。

最後に

ここまでGoogleアドセンスのロングテール型やトレンドアフェリを紹介してきたが、ロングテール型はアクセスがくるまで時間がかかるが一度アクセスが安定化すれば、膨大な収益を稼ぐ事が可能なためフリーランスと呼ばれる生活を送ることができるだろう。

それではまた

【スポンサーリンク】

 

 

error: Content is protected !!