Google AdSense

今回はGoogleアドセンスのキーワード選定方法を探る。これにあたりクリック単価が高い案件も紹介して行きたい。

Googleアドセンスでアフェリエイトする場合は大量の検索がある、キーワードを選定しなければならない。

なぜなら、検索トラフィックが少ないキーワードだとアクセスが頓挫してしまう可能性がある。

これは、いくら忙しい時間を割き、ブログを構築したとしても全てが無駄になってしまうだろう。

そうした背景から[キーワード]に選定に千里眼を効かせてブログを構築していく必要がある。

ではこれからキーワード選定方法とクリック単価の高い案件を紹介していくがキーワードには2つの要点がある。以下記載

・マクロキーワード
・ミクロキーワード

この2つのキーワードについてもお話ししていく。

重要なSEOキーワードの選定方法。

Googleアドセンスでブログを始める場合、キーワード選定の重要度は最高に達する、これはキーワードの選定しだいではアクセス数に大幅な差が付くためだ。

検索需要が無いキーワードを選べばアクセスが来ないのは当たり前だろう。

キーワードの選定方法は自分が興味ある分野で構わない。ブログを書くことが難しい分野を初心者が選んでも失敗する事は明白だ。

では、いかにキーワードをセッティングして行くか?だが、Google 検索で[関連キーワード]に合わせてブログを書いて行く。

例えば:[アドセンス 書き方]でブログを作成する場合、タイトルは[アドセンスのブログの書き方を紹介します。]として、このタイトルに従って分かりやすくブログを構成して行く

[タイトルに合わせて記事を書く]

次ぎにGoogle AdSenseのブログの作成方法だが、タイトルに合わせてブログを作成して行く事になるが、これは決めたタイトルのキーワードをブログの記事内に散りばめることでブログをSEO的に最適化する事が可能だ。

こうすることでGoogleの評価が上がり、上位表示がしやすくなる。

では、ここまでキーワードの選定について話して来たがキーワードには2つのジャンルがあるのはご存知だろうか。ここを説明して行こう。

マクロキーワードとミクロキーワードの違い

マクロキーワードとミクロキーワードは互いに相対(relative)しているが、この二つには特徴がある。これは以下で説明する。

このキーワード選定において初心者が1番に勘違いしやすいのはミクロキーワードでブログを作成して失敗するケースだ。

これはキーワード選定がおぼつかない初心者には仕方がないことだ。

なぜなら初心者はキーワードの意味をミクロキーワードだと思って無駄にライティングしてしまっている問題がある。

ではなぜ勘違いしているのか?お伝えして行こう。

 

マクロキーワードとは?

マクロキーワードは巨視的に見たキーワードだが、これは、例えば:[アドセンス]にマクロキーワードを絞ると言うことだ。

これは、[アドセンス]の一言に特化したキーワードで

・[アドセンスならアドセンス]
・[ネットビジネスならネットビジネス]

でマクロキーワードを選定しておく必要がある。

なぜなら、一つのドメインで複数のカテゴリーを持つ事は可能だが、これはキーワードがおぼつかない初心者では混乱してしまう可能性がある。

ここで一番大事なのはカテゴリーと呼ばれる[混乱の種]を取り除き

・複数のことを同時に考えないスタイル
・一つのマクロキーワードに絞るスタイル

を確立しておけば、効率的にブログを作成する事が可能になる。

[1つのマクロキーワードでターゲティングして、その一つに特化したブログを複数作る事で効率的にブログを作成することが出来るようになる。]

マクロキーワードはミクロキーワードより先行して選定することでも効果的にブログを運営することができるようになるだろう。

ではこれからミクロキーワードの選定についても話していきたい、是非ご覧いただきたい。

ミクロキーワードとは?

ミクロキーワードはマクロキーワードを選定した後でミクロ的なキーワードを選定する必要がある。

これを簡単に言うと、一つのマクロキーワードに絞っておいて、そこから出るミクロ的なソース(ネタ:キーワード)を選定して行くことだ。以下記載

・マクロキーワード:アドセンス

・ミクロキーワード:下記内容
登録・審査・稼げない・稼げる・支払い・始め方・落ちた・など

のミクロキーワードを選定することでマクロキーワードに特化した、いわゆるミクロキーワードの全てを網羅した特化型ブログを作成する事ができる。

このように、あらかじめマクロキーワードを先行して決めておいてミクロキーワードをあとから決めるようにすれば効率的にブログの数が増えていくはずだ。

ブログ作成していく上で必要な文字数だが一つのブログで1500文字以上あればGoogleはそのブログを評価していくはずだ。

ここまでマクロキーワードやミクロキーワードについて話して来たがご理解頂けただろうか?ではこれからクリック単価の高いキーワードを紹介していく。

アドセンスのクリック単価が高い案件

Googleアドセンスのクリック単価は作成するブログのマクロキーワードの選定方法に影響を受けていることはご存知だろうか?これはGoogleアドセンスがブログにマッチした広告を配信しているためマクロキーワードの選定が非常に重要視される。

ではクリック単価が一番高い案件はどれか?まとめて見てみよう。

・クリック単価が高い案件
消費者金融・ローン・転職・結婚・出会い系・中古車・保険・FX・株・インプラント・システム設計・歯科医師・生命保険・自動車保険・SE・美容整形・ダイエット・物件など

・クリック単価が安い案件
ゲーム・公共広告機構・Amazon・楽天・などがある。

注意

上記の公共広告機構は内容が無いブログに表示されるGoogleアドセンスの広告だが現段階では1円の価値にもならないことを覚えておこう。

Googleアドセンスはクリック単価を公表していないためクリック単価についての情報は正確ではないが、これは実際にクリックされるとクリック単価が表示され、それがWEBメディアに拡散して公開されていると考えてもいいだろう。

いろいろあるが、これらが1クリックあたりの単価で数百円や数千円になる高報酬案件になる。

最後に

マクロキーワードを先行して決めてミクロキーワードを後から決めるようにすればブログの作成効率も向上して1500文字以上のブログが100記事・200記事と簡単に記事数が積み上がって行くはずだ。