Google AdSense

アドセンスを始めるにあたって、アドセンスの審査を通ることは避けられない。

アドセンスでフリーランスを目指すには、審査を通る他にはないと考えるべきだ。これからアドセンスで収益(マネタイズ)を得ることも、不労所得で暮らすことも、全て審査にかかっている。

そこで、本日は、アドセンスの一次審査や二次審査に効果的に合格する方法。を詳しくご紹介する。

この通りに試して頂ければ、下の画像のように、アドセンスに合格できる可能性が高くなる。

ぜひ、じっくりご覧頂いて、実践してみて欲しい。

一次審査と二次審査の違い

アドセンスでの一次審査と二次審査の基本構成とは?何なのか考察したい。

一次審査と二次審査は似て非なるものだ。
そのため、当然アドセンスの審査の構成も変わってくる。それでは、アドセンスの審査で、どのようにすれば審査に受かるのか?結論からお話すると、一次審査や二次審査などの審査基準は、以下のように、

●一次審査=書類審査
①:書類内容に不備がないか?
②:規約に同意があるか?
③:独自ドメインを持ってるか?

●二次審査=本審査
①:ブログの内容は?
②:プライバシーポリシーは?
③:免責事項は?
④:運営者情報は?
⑤:広告をサイドバーに貼れるのか?
⑥:審査基準に反してないか?

・著作権の侵害はないか?
・リライトやコピペしてないか?
・無断で画像を使用してないか?
・公序良俗に反するサイトではないのか?
・公序良俗に反するURLの掲載はしてないか?

他のサイトを見て来た人には[一次審査=書類審査]は違和感があるかもしれない。

なぜなら、アドセンスでの審査では、一次審査よりも二次審査の方が重要だからだ。
ではアドセンスの申し込み~審査方法まで詳しくお伝えしていく。

Google Adsenseの審査申し込み方法。

Google Adsenseの審査申し込みは非常にシンプルで簡単だ。スマホのGoogleアカウントを持っていれば誰でもGoogle Adsenseの審査を受けることができる。

●Google Adsenseの審査に必要なものは

①:ブログ
②:独自ドメイン
④:レンタルサーバー
⑤:Googleアカウント

Google Adsenseの審査申し込みは5つプロセスからなり、このプロセス経てやっとGoogle Adsenseへの道が開ける。

これだけなら誰でも無料でGoogle Adsenseの会員になれそうな感じだがそう簡単ではない。

Google Adsenseの審査申し込みでは基本的に会員料は無料で始められるが完全に無料でないようだ。アドセンスの審査申し込みには独自ドメインとレンタルサーバーの2つが必要になる。そのため2万円ぐらいの見積もりを出しておいた方がいいだろう。

他にもPCやネット環境が必要になるがここでは割愛する。

ではこれからGoogle Adsenseの審査ついてお話ししていこうと思う。

Google Adsenseの審査とは?

アドセンスの審査は2017年4月現在では審査は一次審査(書類審査)と二次審査(本審査)で行われ、書類審査→合格→ブログ審査→合格と言う流れで審査が行われる。

アドセンスに登録する独自ドメインはURLの母体(URLの根幹)なため、アドセンスに登録したURLの付いた、全てのブログが審査対象になる。

それゆえ独自ドメインを取得した直前にアドセンスの審査を受けることが望ましい。
なぜなら登録した独自ドメインがアドセンスの審査基準に違反していれば審査どころの話ではない。

一次審査とは?

アドセンスの[一次審査]は[書類審査]だけで終了する。アドセンスの申し込みフォームで入力した内容に不備がないか?や規約に同意があるかが審査される。

・書類内容に不備がないか?
・規約に同意があるか?
・独自ドメインを持ってるか?

などのただの[書類審査]だけで終わる可能性がある。なぜなら実際に一次審査に申し込みしてみると下の画像のようなメールが送られてくる。

このメールの内容は以下の通りだ。

Google Adsenseによるお申し込み審査が完了しました。

ではなぜこれだけで一次審査=書類審査が成立するのか?ここで問題なのはタイトルだ。[Google Adsenseによるお申し込み内容の審査が完了しました。]とある。もうおわかりだろうが、このお申し込み内容の審査とは、つまり書類の審査であると言うことがよくわかるだろう。

お申し込み内容の審査=書類審査なのだが、なぜ他のアドセンスブログは混乱しているのか?疑問に感じる。

●書類審査の内容
・書類内容に不備がないか?
住所氏名年齢の内容に不備や必須事項に空白が無いかが審査されている。

・規約に同意があるか?
アドセンスの広告を出すにあたりアドセンスの定めた規約に同意しているか?

・独自ドメインを持ってるか?
これからアドセンスでブログを始めるあたり独自ドメインはあるか?

が一次審査で審査され即日中にアドセンス側からメールが送られてくる。

では他のアドセンスブログで強調されている一次審査通過のコツ(www)について話していく。

一次審査は書類審査だけだが

・住所・氏名・年齢に嘘偽りを書かないこと。

・規約をちゃんと読みアドセンスの規約に同意すること。

・独自ドメインをきちんと入力すること。

ぐらいだがケアレスミス(careless mistake)には細心の注意を払い入力し終わったらもう一度確認しておくのが無難だ。

一次審査=書類審査に合格すると以下のようなメールが送られてくる。

これで一次審査=書類審査は合格したと言うことになる。

二次審査とは?

アドセンスの二次審査はアドセンス側が定めた審査基準でブログが審査される。

・ブログの内容は?
・プライバシーポリシーは?
・免責事項は?
・運営者情報は?
・広告をサイドバーに貼れるのか?
・審査基準に反してないか?

・著作権の侵害はないか?
・リライトやコピペしてないか?
・無断で画像を使用してないか?
・公序良俗に反するサイトではないのか?
・公序良俗に反するURLの掲載はしてないか?

などが精密に審査されてブログが審査基準を満たしているかどうかを判断している可能性がある。

[可能性]と付けたのはアドセンスの審査基準は実は公表されていない。なぜ公表されていない審査基準がWEBメディアに乱立しているのか?まず知ろう。

二次審査で問題なのはアドセンスの審査基準が公表されてないことだ。だとすればここでお話している審査基準はただの憶測でしかないことを理解すべきだろう。

WEBメディアの怖いところは他のアドセンスブログも[審査基準]が公表されていない状態で憶測によるアドセンスの[審査基準]が[WEBメディアによって作り上げられている。]という事実を何より知るべきであろう。

ではアドセンスの審査は何を基準に考えればいいのだろうか、答えは簡単だがブログ運営者が[しっかりとした人ならアドセンスは必ず合格を出す]はずだ。

なぜならしっかりとしたブログ運営者にOKを出さなければアドセンス事態が成り立たなくなる可能性もある。

・プライバシーポリシー
・オリジナルのブログ
・オリジナルの画像

最低でもこれらの要素があれば合格できないことはない。

・運営者情報
・免責事項

は審査のポイントをあげるためのものであり、アドセンスの規約には掲載されていないことを理解すべきだろう。
二次審査合格後にはこのようなGメールが送られてくる。

ではここまでアドセンスの審査についてお話ししてきたがアドセンスの審査と規約についても解説していこう。

アドセンスの審査と規約について

アドセンスの審査と規約とは相対して違う理由は[規約は規約]であって[審査は審査]と考えたほうが良さそうだ。

・規約とは?
アドセンスの規約とは審査後やアドセンスに合格したサイト運営者に適用されるもので審査とは違う。

・審査とは?
アドセンスの審査はアドセンス側で定めた審査基準に添って行われ合格が判断される。

つまり規約とは合格後に適用されるものであり、審査とは合格前のサイトやブログがアドセンスの審査基準を満たしているかどうかを審査するためにある。

ではなぜWEBメディアは混乱しているのか考察してみよう。

Google Adsense情報が混乱している原因を知る。

アドセンス情報が混乱している原因は,他のアドセンスブログの規約と審査が混同して正確な整合性を計ることが難しい状態にあると言うことだ。

これは上記でお伝えした通りだが、アドセンスの[審査基準]が公表されていない以上は全てのアドセンスブログはただの憶測で審査基準を定めていることをよく理解しておく必要がある。

このブログもアドセンスの審査基準は憶測でしかないが,WEBメディアに存在している以上、正確な情報提供に注力していることを理解してほしい。

嘘や偽りのない真実を望ましい形でユーザーにお伝えしていくことがWEBメディアの役割なのであれば、その限りではない。