ゲーミングPCが欲しいならオススメなBTOメーカーを具体的に紹介するよ。|Build To Order

Build To Order

これからゲーミングPCを購入するにあたり、自作PCかBTO(Build to Order)パソコンかで悩んでる人もいるだろう。

これは当たり前だが悩んで良い問題だ。ゲーミングPCをBTO(Build To Order)か自作PCで組むのとは断然の違いがある。そのため、初心者が悩まずに購入することは神様か仏様に導かれたものだけだ。

決断とは人生で何回するのだろうか?それは神にしかわからないが高価なゲーミングPCを買うと言うことは、かなりの聖断になることは間違いないだろう。

ゲーミングPCを購入するにはBTO(Build To Order)か自作PCかどちらがいいか?だが結論からお話しするとゲーミングPCはBTO型が良いだろう。

なぜなら自作PCと同じ価格でBTOパソコンを比較した場合、搭載しているハードウェアが自作しようとしたPCより、BTOパソコンの方が優秀なハードウェアの構成になっている場合が多いためだ。

このためゲーミングPCの購入でオススメできるのはBTOパソコンになる。BTOパソコンは最初から組み上げられたPCで届いてすぐに使用することが出来るのもオススメな点である。

ではこれからゲーミングPCを作っているBTOパソコンのメーカーについて以下記載のBTOメーカーを主軸に解説を進めて行きたい。

・マウスコンピューター

・ドスパラ

是非とも各PCメーカーを思う存分に吟味していただきたい。

BTO型ゲーミングPCのメリット

ゲーミングPCのBTO型の最大のメリットはBTOメーカーの直販サイトから購入することで得られる保証がある。この保証はAmazonや楽天から購入したゲーミングPCでは保証はないので各BTOメーカーの直販サイトから買うのが一般的とされている。

そして自作PCでも同じで自分の好きなパーツで組む事ができる代わりに保証はないと言うことになる。

ゲーミングPCのBTO型の場合は自作PCのような自分でパーツを選んで組むという面倒な作業や上級者向けのBIOSの設定やOSのインストールなどのセッティングが必要ないため、初心者は簡単にゲーミングPCに入門することができる。

またBTOだと出荷前に事前に検査されているためゲーミングPCの到着直後に起動トラブルや不具合などに見回られることは少ない。

そしてBTOメーカーによるサポートと保証が充実しているため、例え初期不良に当たっても無料で交換してもらえる点もメリットになるだろう。

それにBTO型ゲーミングPCの場合は上記でもお話ししたが、安価で高性能なハードウェアを手に入れることができると言う点もメリットになる。

なぜならBTO型ゲーミングPCが壊れても手に入れたハードウェアを自作PCに転用すれば次に自作PCを組むときに安く組むことができるため、無駄にはならない。

ここまでBTO PCのメリットについてお話ししてきたが残念ながらデメリットもあるので熟読願いたい。

BTO型ゲーミングPCのデメリット

BTO型のゲーミングPCにはデメリットもあるのはご存知だろうか?このデメリットを抑えてゲーミングPCを購入するか検討しよう。

BTO型のゲーミングPCは最初から組み上げられているがそこに問題がある。これは主にマザーボードの問題だろう。

このマザーボードにはハードウェアの交換を制限(最適化)しているBIOSがあるが、これが厄介者でゲーミングPCを購入してGPU・CPU・RAM・を増設してもBIOSが弾く可能性がある。

なぜなら、BTOメーカーが、そのゲーミングPCのマザーボードを効率的に動作させるgためにBIOSを最適化しているためだ。

もしGPU・CPU・RAMを増設したい場合、BIOSに弾かれれば投資の無駄になってしまう恐れがある。よく覚えておこう。

ゲーミングPCを初めて購入する場合はハードウェアの構成を自由にカスタマイズすることができるが、ここで妥協してしまうと後から増設したくても[BIOSの恐怖]があるため、なるべくなら後からハードウェアを増設しなくても良いように自分にとって最適なハードウェアをあらかじめ決めて購入するのが得策と言える。

ゲーミングPCの選び方

ゲーミングPCの選び方だが、ゲーミングPCには2つの判断基準がある、PCケースのデザイン性とハードウェアの性能で主に判断されている。

これは人の志向や考えに基づくため、デザイン性重視かパフォーマンス重視で選ぶかは人それぞれで自由だ。

ゲーミングPCのデザイン性

自分好みのPCケースデザインで選べれば良いが、BTOゲーミングPCの場合、マザーボードのネジ穴がATXやマイクロATXの規格ではないため、PCケースを取り替える事が、ほぼ不可能に近い、そのため良く吟味した上でBTOメーカーを選ぶ必要がある。

ゲーミングPCのパフォーマンス

ゲーミングPCのパフォーマンスは各BTOメーカーはだいたい同じハードウェアを搭載しているため、なんら遜色はないが、このパフォーマンスとはハードウェア耐久力が有るか、無いかの問題だと思う。

誰でも壊れやすいハードウェアを持ったゲーミングPCを買いたくはないはずだ。

そのため良くBTOメーカーのレビューや評価を見て慎重に購入する必要がある。

ゲーミングPCのスペックの見方

Gaming PCのスペックの見方だが、[CPU][GPU][RAM][HDD]からスペックを簡単に把握することができる。

  • [CPU]
    CPUはゲーミングPCの基本性能を決める大事なハードウェアになります。CPUの性能が低ければGPUの足を引っ張ったりしてGaming PCとしての性能をフルに発揮する事が出来ません。
  • [GPU]
    GPUは画像処理を行う装置で高性能なものほど画像の処理が良くなり綺麗な画像でPCゲームをプレイすることが出来るようになります。
  • [RAM]
    RAMはメモリーになります。メモリーの量が多ければ多いほどPCのレスポンスが良くなりより高速化します。
  • [HDD]
    HDDの容量が多いほど多くのPCゲームをインストールする事が出来ます。最近PCゲームは容量を食いますから大容量のHDDが搭載されているGaming PCを買いましょう。

ここまでBTOパソコンのメリットとデメリットやスペックの見方などを解説してきたが、これからオススメのBTOメーカーを紹介していく。

オススメのBTOメーカー


第1位:マウスコンピューター


マウスコンピューターは日本の国産企業で知られるBTOパソコンメーカーでスタンダードなマルチ対応のハイエンドゲームユーザー向け「G-Tune」ブランドを中心に製品を展開している。

G-Tuneのデザイン性

マウスコンピューターのBTO PCはデザイン性が優秀だと感じる。特にG-Tuneは西洋の兜のようなデザインに仕上がっていて他にはない独自性やUSPが感じられる。

他のBTOメーカーではプラスチックみたいな安物感が圧倒しているため購入した後に喪失感を感じるかもしれない。

どうせ長い間付き合う高価なゲーミングPCを買うなら、やはりデザインにもこだわりたい、カッコいいデザインで買ってよかったと思える買い物がしたいのは誰しもが思うはずだ。

BTOゲーミングPCのデザインで失敗したくないならマウスコンピューターのG-Tuneが1番良いだろう。

G-Tuneの性能について

マウスコンピューターのBTOゲーミングPCには電源周りに対する批評が多い気がするが、しかし、これは昔話だ。現在では大幅に改善されている。

G-TuneのCPU・GPU・RAMの性能は購入時の自由なカスタマイズで決まるが、マウスコンピューターのPCはデフォルトでもゲーミングPCとして最適化が計られているため、デフォルトのまま購入しても問題なくPCゲームをプレイすることができる。

マウスコンピューターは信頼できる?

マウスコンピューターにはいろいろな評価があるがこれは有名な企業であるがゆえに悪評も良い評価もあると言うことになる。マウスコンピュータについての情報が非常に豊富なため信頼できる企業と言えるだろう。なによりCMに乃木坂46を起用している時点で疑う余地はないはずだ。

逆に情報が乏しいBTOメーカーでの購入はオススメできないし、買うべきでない。

生産工場や納期・保証について

マウスコンピューターはG-Tuneやデスクトップ、ノートPCを日本人技術者が1台1台長野の工場にて生産しているため安心ができる。

マウスコンピューターBTOPCの購入からの納期だが工場で組み立ててから1週間から2週間の間にはご自宅に届くだろう。

またアフターサービスも充実しており、1年間無償保証、24時間365日の電話サポートにも対応している。

マウスコンピューターの公式サイトはこちら


BTOパソコン・PC通販ショップのG-Tune


マウスコンピューターからのメッセージ

BTOパソコンのマウスコンピューター/G-TuneのWeb通販サイトです。 コストパフォーマンスに優れた製品と皆様からの注文を心よりお待ちしております。


第2位:ドスパラ


第2位はドスパラにしたが、ドスパラは全国に22店舗を展開している老舗のBTOゲームパソコンのweb通販サイトになる。他に周辺機器も販売している。

ドスパラBTO PCのデザイン性

ドスパラのBTO PCのデザインについては可もなく、不可もなく、特に目立った印象は受けない。

性能重視ならデザイン性を無視してでも購入すべきだが、ユーザーにとっては購入するまで一歩踏み出す勇気が必要になるだろう。

なぜなら、ゲーミングパソコンは高価でマザーボードのネジの位置が違うため、ケースを取り替えることができない。

そのため一生を共にするBTO PCとしてのデザインは[ゲーミングPCでゲームしたいだけ]という人にはオススメかもしれない。

全体的に普通な評価だがではなぜ第2位なのかそれは以下で話している。

ドスパラBTO PCの性能

ドスパラのBTO PCの性能だがゲーミングパソコンとしては申し分ないパフォーマンスを誇る、中でも評価が高いのはそのマザーボードとハードウェアの耐久力の高さだ。

さすが老舗だけあり、PCの起動時の安定性と電源周りの強さには定評がある。こうしたパフォーマンスを重視したゲーミングパソコンの設計により、人気があるのだろう。

しかし、ドスパラのPCは内部機関のパフォーマンスを重視したPCであり、その強さを感じられないPCケースのデザインには少しがっかりだ。

もう一歩PCのパフォーマンスをそのままでデザインにも力を入れてくれればなおさら売上が上がるはずだが残念で仕方ない。

したがってパフォーマンスやハードウェアの耐久力を大事にする人にはオススメのBTOメーカーになる。

しかし、デザインだけでは信頼がないとは言えないのが世の常だ。

ドスパラは信頼できるか?

ドスパラの情報を探るとかなりの量のブログや動画の情報が手に入るため、実際に購入している人も多いのだろう。これだけの量で悪評と良い評価があるのは信頼の証になるため、99%の確率で信頼できるだろう。

保証と納期について

ドスパラでBTO PCを購入した場合、最短2日で発送されるのでここも評価されている理由になる。

保証については各BTO PCメーカーと同じ1年保証がついては来るため安心して購入することができる。

ドスパラの公式サイトはこちら


ドスパラ


ドスパラからのメッセージ

全国22店舗展開 BTOパソコン・周辺機器販売のドスパラのWeb通販サイトです。 満足できる商品とサービスで皆様からの注文を心よりお待ちしております。

ここまでマウスコンピューターやドスパラについて解説してきたが今、現在では上記の2つのBTOメーカーが主流でオススメできる。

もちろん、他のBTO PCメーカーもあり、下記に記載している。

他のBTOメーカー

マウスコンピューターやドスパラ以外にも数多くのBTOメーカーが存在している。しかし、どのメーカーも普通のPCケースデザインで中身のスペックは凄いと言うだけであり、他に独自性は特に見当たらないのが残念だ。

下記のBTOメーカー情報

・デザインや性能は普通の評価

・カスタマイズの自由

・1年間の保証とサポート

があり、信頼性については各BTOメーカー共に情報が豊富なため、管理人が把握しているところでは大丈夫だろう。


【FRONTIER】


BTOパソコンのサイコム


パソコン工房【公式通販サイト】


メーカー製PC

メーカー製PCだが、非常にデザインも良く、パフォーマンスや静音性に優れたデスクトップPCやノートPCがある。

ただ高いのが難点でこれを買うなら上記のマウスコンピューターやドスパラからBTOゲーミングPCを購入した方が得策になることは誰でもわかるだろう。

もしメーカー製のPCをお求めならゲーミングPCとしてもGPU・CPU・RAMなどを増設して行けば十分にその性能を発揮してくれるはずだ。オススメは以下に記載している。


富士通 WEB MART


Razer Blade Stealth


中古PCメーカー

中古PCの購入を検討しているなら2万円以下に予算を抑えておこう。

なぜなら、中古PCではマザーボードやハードウェアが古いものが有るため念入りなハードウェアの情報を探さなければならない。

しかし、中古PCだから非常に安くゲーミングPCを組むことができるメリットがある。しかも規格が古いためcore i7などのハードウェアが安く手に入ることもメリットになる。

そして何よりも安く中古PCが手に入るので初心者の自作PCの勉強用としても使えるため、初心者にオススメなPCとなる。

この中古PCを元に基本的な分解作業や電源の配線作業または安いGPU・CPU・RAMの増設をしてみてから本格的に自作PCを組んで見るのも良い選択になる。


デジタルドラゴン


ThinkPad


【ショップインバース WEB本店】


激安中古パソコンショップ【ジャンクワールド】


Gaming PCを買うと言うこと

これからゲーミングPCを組むか購入する場合は、必ず最新マザーボードやハードウェアにお金を投資した方が良い。

なぜなら、今から廃れていく古いGaming PCや安いGaming PC(5万円ぐらい)を買うのではなく将来性を見据えた上で採算を合わせることがGaming PCを購入する絶対条件になる。

今、現在のハードウェアの最新スペックは以下に記載しておく。

・CPU:7000番台のLGA1151

・マザーボード:チップセット:Z270

・GPU:1000番台搭載

これらの記載がないゲーミングPCを買うことは絶対にオススメできないし、買うべきではない。

そしてAmazonや楽天からゲーミングPCを購入すべきではない、なぜなら、保証がないし、ハードウェア詐欺が横行しているためだ。

このためゲーミングPCを買うなら絶対に上記のマウスコンピューターやドスパラの公式サイトで購入することが一番安心と言える。

 

このように絶対に

[Gaming PCに不満=不安につながる投資は絶対にしないこと。]

を心がければ必ず自分にあったゲーミングPCを購入することができる。

Gaming PCを買う=それは最低でも20万円を見積もる事さえ出来れば、全てのPCゲームで最高のプレイが出来るようになると言うことを覚えておこう。

■最後に

いかがだっただろうか、BTOゲーミングPCのメリットやデメリットスペックの見方などを紹介して来たが、ご満足頂けただろうか?

Gaming PCを購入することが決まった場合はもう一度、このサイトに来て読み返してほしい。

その頃には必ず詐欺に合わないようにサイトが更新されているはずだ。こ

れからも有益なゲーミングPCの情報を提供したいと考えている。

それでは

error: Content is protected !!