Google AdSense

 

Googleアドセンスでクリック単価が安い広告の中でもAmazonと楽天の広告を非表示にしておく方が無難だ。

なぜAmazonや楽天の対策が必要なのか?

Googleアドセンスはクリック単価10~20円の高報酬型ASPであることはご存知なはずだ。

そのため、Amazonや楽天がGoogleアドセンスでクリックされても1円~2円ぐらいなのでブロックした方がクリック単価が上がる可能性がある。

もしクリック報酬が下がってる場合に対策してみると良い。

Googleアドセンスと楽天やAmazonアフェリを併用する場合

楽天やAmazonアフェリとGoogleアドセンスを併用する場合はGoogleアドセンス側のAmazonや楽天広告を非表示にしないとアドセンス側のAmazonリンクがクリックされても収益は発生しないので注意だ。

Amazonと楽天の広告を非表示にする方法。

アドセンス公式サイトにログインします。

 

アドセンスログイン後に「広告の許可とブロック」をクリック

2016-11-05

www.amazon.co.jp

www.rakuten.co.jp

を一つずつ記入して「URLをブロック」をクリック

 

上のアドレス以外にもブロックする必要がある広告主がいます。「広告ネットワーク」をクリックして、検索窓に「rakuten」と入力する。

2016-11-05-1

上記が終わったら「criteo」と検索窓に入力して全てのをブロックする。

2016-11-05-2

すべてブロックし終わったらAmazonや楽天の広告が表示されなくなり高単価の広告がクリックされるようになります。

最後に

Googleアドセンスで始める場合、この対策を打つと効果的にクリック単価を上げることができるだろう。