Google AdSense


Googleアドセンスブログを始めて最初に思うのが孤独感だが、これはGoogleアドセンスを始めても、アフェリエイトを始めても誰しもが経験する最初の試練となるだろう。

初心者の場合はブログやサイトを始めて、すぐに辞めてしまうと思うが、それはブログの書き方・やり方が身につかない内にWEBメディアから撤退してしまってる現状がある。

そこで、今回はGoogleアドセンスに特化したブログの書き方を紹介して行こうと思う。

このブログに記載されている事をしっかりと読み、勉強すればブログの最適化が出来るはずだ

ではGoogleアドセンスのブログの書き方を一通り解説していく。

Googleアドセンスブログの書き方の基本構成とは?

Googleアドセンスでブログやサイトなどが読まれるようにするにはどうすれば良いのか?それは結論から言うと、ブログ記事の書き方は、下図のように、

・タイトル
・トップコピー文章 問題の結論
・ボディーコピー文章 問題の提起
・ボトムコピー文章 問題のまとめ
・CTR

書き出し 書き締め

となるが、このフェーズに違和感はないだろうか、後に後述するが結果を前もってスターティング文章に加える事がブログを見てもらうためのコツとなる。

なぜなら、WEBサイトでは読者は内容よりも結果を大事にするからだ。

Googleアドセンスの文章力とは?

Googleアドセンスのブログの書き方には特徴があり、それを理解する必要がある。Googleアドセンスの文章力=魅力的な文章と考えて欲しい、文章力は短くまとめられ分かりやすく、理解がしやすい文章で構成して行くことで、ユーザーが読み疲れる事なくスムーズに読み進められるようになる。

一息つく5行目辺りで改行して文章を読みやすくしてやる努力もブログのオーナーには大切だ。

・分かりやすく理解しやすい文章
コンテンツの本文だが本文の品質が『後読感』や満足感に与える影響は絶大だろう。
記事の品質が低いなら、もう誰もあなたのサイトを見ないし、記事をシェアをしてくれない。

分かりやすい記事の書き方には3つのポイントがある。

Simple Is Best:ブログには必要なことだけ書いて、短い文章で分かりやすく伝えていること。キーワードと関連性がない文章は書かないこと。関連性がない文章が多いと、それだけでユーザーはページから離れてしまう。

具体的:一つのキーワードを具体的に伝えていること。分かりやすくて理解出来る文章とは専門用語を乱発しないことだが例えば[銀行口座で電信振り込みではなくATMから振り込み]と言えば分かりやすく伝わる。

テンポ:文章のテンポとはスムーズに読者が読み進めるようにすることで(最大5行まで)長い文章では読む気が失せてしまう。

Googleアドセンスのブログ記事を書く時は、以上の3つポイントを意識してブログを書くことであなたのライティングスキルが大きく向上する。

Googleアドセンスの記事タイトルの書き方

ブログ記事やサイトコンテンツのタイトルは、読者がGoogle検索でブログを探していて「読みたい」と興味を惹かれるようなものがクリックされる。そして、「読みたい」と思われる記事タイトルには、以下のようなパターンがある。

①これを読めば利益になる。
これは安定して流入や集客を得られるものだ。[○○やり方][○○法][方法]
例えば[月間100万PVのサイトの作り方]や『集中力を養って仕事をする方法』など、客観的立場になって読者に[あなたの利益になりますよ。]を伝えよう。

②最新の情報を伝える。
速報性が高いタイトルは最も読者を引きつける。例えば、[年月をタイトルに入れる][ゲーム系ならバージョン情報を加える]などでもサイトをタップしてもらえるようになる。

③「好奇心」を刺激する
好奇心を刺激するタイトルでは時に最大の効果をもたらすことがある。例えが悩ましくて申し訳ないが、『俺が愛する妻と離婚する理由』など。

ブログのタイトルを決める時は、まずこれらの3つのポイントを活用する事でアクセスの向上につながるだろう。

小見出し使う大きな理由とは?

文中で小見出し使う大きな理由は、小見出しを使うことによって大小の文字にメリハリがつき読みやすくなるからだ。

また、タイトルの付け方と同じような付け方を小見出しにすることによって、段落的に、小見出しと本文が別れてメリハリが付きブログが読みやすくなる効果がある。

小見出しはブログにとってタイトルと同様に副次的なタイトルになるだろう。

そのため、小見出しの名前にこだわって名前を付ければ、精読率が向上して最後までブログを読んでもらえるようになる。

トップコピー文章

ブログのコンテンツライティングのトップコピーは、ブログの最初に記載する重要なライティングになる。

これは、フック(書き出し)と呼ばれるものでブログの精読率を効果的に上げる重要な書き出しだ。なぜなら、ブログのタイトルを見て来た人は必ずフック(書き出し)部分までは必ず読んでこのブログは自分の目的に添ったものなのか?どうかをそこで判断する。

このフックのライティング次第で次のボディコピーまで、読み進めてもらえるかが大きな鍵になる。

ではどのように、フック(書き出し)を書けば良いのか?それは以下に記載されているため参考にしてほしい。

①問題提起
ユーザーは目的がなければGoogleで検索する事はしないため、ユーザーが悩んでいる問題を明確にして解決してあげる必要がある。

そのためにはブログの最初の方で、「人間関係にお困りですよね?」や「お金で、失敗ばかりしていませんか?」などで構成して、その理由に「人前で暗く振る舞っているからですよ」「それはお金の使い方が間違っているから上手く行かないだけですよ。」とライティングして意識的に、ユーザーの共感を得ることを心がけよう。

②結果の明示
このブログを読めば利益になりますを具体的に伝えていく。例えば、「ライティング次第でPVを100%改善されます。」「3ヶ月で30万PVを越えることができます。」などをフックに書き出してブログを読む理由を明確に示すしてあげるイメージ。

③結果の根拠:
②の結果が出る証拠を示す。例えば、「実際にこのライティング方法を実践してPVが大幅に増加しました。」や「このライティングの実践で3ヶ月で30万PVを達成しました。」などをライティングして具体的な数字と説得力を高めておこう。

このように、フック(書き出し)があればユーザーに読むべき動機を与えおくとブログの評価が上がるだろう。

これが、WEBで読まれるライティングの基本パターンなので、是非抑えておこう。

ボディコピーとは?

ボディコピーとはブログの本体とも言うべき記事でタイトルに添った形で具体的にステップを踏み解説していくところだ。

この、ボディコピーのライティング次第でブログの質が決まり、シェアやメルマガ登録などのCTA(コール・トュー・アクション)が決まる。

なぜなら、本当に説得力がある情報を提供していれば、無意識に専門性やスキルが伝えられ、「専門家」として認識されるようになるからだ。

ボトムコピーとは?

ボトムコピーはブログ管理人のオファーを求めることができる。これは3種類のオファーがある。

・ソーシャルメディアでシェアしてもらう・メールマガジンに登録してもらう
・資料請求や問い合わせをしてもらう

これらをユーザーにオファーすることでその後の読者の数を増やす事ができる。

他のボトムコピーとは

ボトムコピーにはまとめ&クロージング文章とCTA(コール・トゥ・アクション)の2つの役割から成り立っている。

まとめ:記事の最後を簡潔にしてスムーズにCTAを求める事だが、まとめは最後にブログの内容を集約して分かりやすく最後を伝える。

最後のまとめを簡素にまとめる方法は小見出しをまとめて結果論を再構築してこの結果を最後にもう一度伝えることで信頼性を維持しながらCTA(コール・トゥ・アクション)に結ばせる。

最後のまとめを書いたら、次にCTA(コール・トゥ・アクション)だ。これは

1:[メールマガジンリストの獲得]
2:[ソーシャルメディアの拡充]

これらのCTAでメールマガジンに登録して貰いソーシャルメディアでブログを拡散する戦略で自分のWEBメディアを拡大することができる。

まとめ

如何だっただろうか、ここで紹介しているライティング方法をGoogleアドセンスに特化して文章を噛み砕いて分かりやすくすることでユーザーの信頼性を上げPVのアップに繋がることに間違いはないだろう。

最初の頃はブログを書くことが難しいが、なれれば効果的にブログの記事数が増えていくはずだ。