外付けHDDでお困りではないだろうか?外付けHDDが[使えない]または[認識しない]のには理由がある。Windows10のシステムには、その外付けHDDを使用可能か決めるシステムがあるのはご存じだろうか?

これは、PCが外付けHDDを読み込んだ時に起きる場合が多い、外付けHDDを認識はできるが使用させる事が出来ないとWindows10のシステムが判断している事が主な原因なようだ。

この外付けHDDを使用したい場合は下記の手順を踏むことで解決する事が出来る、これは結論からお話しすると、以下に記載

・外付けHDDのフォーマット
・パーティーションの割り振り

通常は上記の手順で外付けHDDを使用する事が出来る。非常に簡単なのでPCに疎い方でも簡単に使えるようになるはずだ。

では、じっくりご覧頂き実践してほしい。

外付けHDDの認識と使用の違い。

まずWindows10では外付けHDD用のドライバーがすでにインストールされており、自動で認識され、フォーマットしてシンプルボリュームを割り当てれば使用する事が可能だ。

このドライバーがインストールしてある点を前提として、外付けHDDの認識と使用の定義を解説して行きたい。

この認識と使用の違いは外付けHDDをWindows10が認識して使用出来るかどうかにある。

もしPCの[ディスクの管理]に入り、外付けHDDの名前と[未割り当て]の表示があればそれはきちんとPCに[認識]されているため問題はない、もしファイルエクスプローラーで外付けHDDの表示がない場合は外付けHDDを[使用]する事ができない。
この問題は以下の手順で解決できる。

・外付けHDDをフォーマットする。
・シンプルボリュームを割り当てる

ことでファイルエクスプローラーに外付けHDDが表示され使用する事が出来るようになる。

では、次は認識と使用の定義について解説して行きたい。

外付けHDDの認識の定義

外付けHDDの認識とはPCが外付けHDDを認識しない事で起こる、これは[ディスクの管理]に外付けHDDが認識されていない問題の事だ。

これはUSBケーブルの不具合や接触不良による物理的接触障害と理解してほしい。下記を参照すれば、今の状態を把握する事が出来るはずだ。

・PCがWindows10以下で外付けHDDのドライバーをダウンロードしていない。など

・USBケーブルの差し方が甘く接続されていない。

これらが認識の定義になります。これらに該当する場合は以下の対策を打つこと。

・PCと外付けHDDの間のUSBケーブルを変更してみる。

・ドライバーを削除して再インストール

以上を試しても外付けHDDが[Windows10のディスク管理]に認識されない場合はドライバーの再インストールまたは外付けHDDケースの初期不良が考えられる。

外付けHDDの使用の定義

外付けHDDを使用出来ないのはフォーマットやシンプルボリュームが割り当てられていないために起こる問題だ。これはファイルエクスプローラーで外付けHDDの表示がなく使用する事が出来ないと理解してほしい。下記を参照すれば、今の状態を把握する事が出来るはずだ。

・HDDをフォーマットをしていない

・HDDにシンプルボリュームが割り当てられていない。など

このように外付けHDDを使用のするには手順があり、今の状態をよく把握して対処する事が求められる。

・HDDをフォーマットする。
・HDDにシンプルボリュームが割り当てる。
などの対策を打てば良い。

理論的に外付けHDDはPCでフォーマットしてシンプルボリュームを割り当てれば普通に使えるようになる。

では、ここまで認識と使用の定義を解説してきたが、次は外付けHDDを使えるように実践してみよう。

外付けHDDを認識させる方法

まずPCと外付けHDDをUSBケーブルで接続し、接触不良などがないようにUSBケーブルをPCのUSBメス側に接続する。そしてPCで認識音がなれば問題なく[ディスクの管理]で認識されてるハズだ。

外付けHDDのフォーマットの手順

外付けHDDのフォーマット手順だが、非常に簡単なので試して頂きたい。手順は以下だ。

・外付けHDDに新しいシンプルボリュームを割り当てる。

・その過程で外付けHDDはフォーマットされ、新しいシンプルボリュームが割り当てられる。

では単調な作業なので眠らずにやっていこう。

2016-10-10-1

スタートを右クリックして一覧表から「ディスクの管理」に行こう。

ディスクの管理画面ではHDDの情報が掲載されて、PCに接続したHDDが「未割り当て」として表示されているので未割り当てのHDD上で右クリックして「新しいシンプルボリュームの割り当て」を選択する。

新しいシンプルボリュームウィザードの開始されるので「次へ」をクリックする。

▼利用したいHDDの領域を選択する。この場合はデフォルトのままでOKだ。

▼ドライブの文字の割当を任意で決めることが出来る。A~Zまでのドライブがあり、好きなドライブ文字を選ぶ

ボリューム名を任意で設定する。これはファイルエクスプローラー上の外付けHDDの名前なので適当にネーミングする。[例:外付けHDD・Aドライブなど]

▼次に[このボリュームを次の設定でフォーマットする]を選択する。もしHDDのデータを削除したくないなら、このボリュームをフォーマットしないにチェックを入れる。

クイックフォーマットするにチェックが入ってるか確認する。データの入ったHDDをフォーマットする場合はチェックを外す。


▼新しいシンプルボリュームウィザードの完了画面が表示されたら初期設定完了だ。

完了画面がでたら設定完了です。これで外付けHDDがファイルエクスプローラーで使えるようになっている。

続いて他の機器で使い回したHDDを使用出来るように解説して行きたい。

他の機器で使い回したHDD

次は他の機器で使い回したHDDやSSDをフォーマットしてシンプルボリュームを割り当ててファイルエクスプローラーで使用できるようにしていく。

まずPCで使い回した外付けHDDを使用する事ができない原因はHDDのフォーマット(初期化)をしておらずパーティーションやシンプルボリュームがまだ振り分けられているからだ。

HDDを流用した外付けHDDを使用した場合は以下の手順で解決出来る。

・パーティーションを削除する。
・HDDのフォーマット
・シンプルボリュームの割り当て

 

このパーティーションを削除して上記の[HDDのフォーマット手順]を実行すれば解決する事が可能だ。

正規の方法とは逆のやり方だが、他の機器から流用したHDDではパーティーションの削除が優先される場合がある。

HDDはなぜ使い回しが出来ないか?

なぜPC以外の他の機器からの使い回したHDDでは認識はするがファイルエクスプローラーでは使用が出来ないかと言うと、それはHDDにその機器専用のOSとは違うドライバーがインストールされて使用を拒むからだ。

例えばPS4のHDDをSSDに交換するときにSONYのサイトからドライバーをダウンロードしてPS4からSSDにインストールするが、そのSSDを外付けHDDケースに装着してPCに接続すると[認識はするがファイルエクスプローラーで使用する事が出来ない。]状態となる。

なぜ、こうなるかと言うとSONYのサイトからダウンロードしたドライバーがSSDに細工して使用を妨げている為に外付けHDDを使用できなくしている。

つまり一種のセキュリティーシステムが働いているから認識はするが使用する事が出来ないと言う状態になります。

PS4ではセキュリティーシステムが非常に高く、データの書き換えやMODの導入などで、本来の家庭用ゲーム機の安定性やシステムに悪影響を及ぼす可能性があるためSSDの使い回しでは外付けHDDは使用する事が出来ない。

このように使い回したHDDの他の機器のドライバーが有りか、無しかで手順ややり方が別なものとなる。

シンプルボリュームとは?

シンプルボリュームとは記憶域のことで未割り当ての記憶量を一つのHDDで分割して使うことが出来るようにするシステムだ。
新規シンプルボリュームの作成によって本来1TBのHDDが500GBと500GBに分割して使うことが出来るようになる。

HDDの割り当ての使い方

HDD割り当ての効果的な使い方はWindows10用にシンプルボリュームを60GBとしてシンプルボリュームを割り当てます。残りの940GBはソフトのダウンロードやその他に使用する。

Windows10用にシンプルボリュームを割り当てればWindows10のデータを読み込む時に無駄なデータを読み込まなくて済むのでWindows10の起動を速くする効果がある。

最後に

どうだっただろうか?外付けHDDを無事に使う事が出来たなら何より幸いだ。

それでは