【最新:∞Version】Minecraft Windows 10 Edition版のテクスチャ導入方法をご紹介します。

MINECRAFT


Mine Craft Windows10 editionへのテクスチャの導入方法を説明します。


最新対応∞version


【スポンサーリンク】

■注意事項

 テクスチャを外国のサイトやホームページからダウンロードするといろいろ危険なので簡単に配布ワールド・テクスチャ・スキン・アドオン・MODなどがダウンロード出来るMCPEmasterをご使用ください。

あとMine Craft Windows10 EditionはマインクラフトPEの応用版ですからPE用のこのテクスチャを使用してください。

2016-11-09-1 2016-11-09-2

 

Mine Craft Windows10 Editionテクスチャ導入方法の準備するもの

【スマホ】

Googleplayからダウンロードして下さい。

・スマホ

・マインクラフトPE

・MCPEmaster

・ESファイルエクスプローラー

・ワンドライブ


【PC】

・ノートPCか自作PC

・Mine Craft Windows10 Edition

・ワンドライブ

・圧縮解凍ソフト

・窓の杜Lhaplus


 

Mine Craft Windows10 Editionのテクスチャ導入方法まずはスマホから

今回使用するテクスチャはCONQESTを使用します。まずスマホアプリからMCPEmasterをタップして起動し織目(テクスチャ)をタップする。

screenshot_2016-11-08-13-17-02

開いたらテクスチャ(織目)一覧の隣りにある虫眼鏡(検索マーク)をタップしCONQESTと入力しCONQESTのダウンロードボタンをタップしてダウンロードしてください。

screenshot_2016-11-08-13-16-57

 

テクスチャをダウンロードしたらMCPEMasterを閉じてください。

そしてESファイルエクスプローラーを開き右にスワイプしてマインクラフトのフォルダを開きます。

screenshot_2016-09-03-18-33-39-thumbnail2

screenshot_2016-11-30-17-49-47

マインクラフトのフォルダーを開いたらtextureをタップしてください。

screenshot_2016-11-30-17-49-55

textureフォルダの中にあるCONQESTファイルを長押ししてチェックを入れ右下の他から圧縮を選択して圧縮してください。

screenshot_2016-11-30-17-55-48

CONQESTのテクスチャの番号を控えると後にわかりやすい

そしたら圧縮したCONQESTをロングタップしてチェックを入れる。

チェックを入れたら下の左端にある他をタップし共有を選択してOneDriveを選択してください。

ワンドライブの上の左端にある「アップロード(xx個)」をタップしてアップロードする。

screenshot_2016-09-26-13-56-06

↓から簡単に流れを閲覧できます。

ESファイルエクスプローラー

右にスワイプ

MCPEMaster

texture

番号.zipにチェック

共有

ワンドライブ

アップロードをタップで終了

テクスチャのアップロードが終わったらスマホからの操作は終わりです。

【スポンサーリンク】

次にPCへ

PCを起動しファイルエクスプローラーを開きワンドライブへ移動します。

先ほどアップロードしたCONQESTのzipフォルダーを右ダブルクリックして解凍する。

解凍するとデスクトップにテクスチャのショートカットが出来ます。(デスクトップにあるテクスチャはそのままにしておく。テクスチャの名前の変更はやらない。名前を変更したら落ちる?)

次にデスクトップにポインターを移して左クリック新規作成からフォルダーを選択し新しいフォルダーにresource_packsと名前を付ける。(この時1文字も間違えてはいけない。アンダーバーもきちんと入れる。)

心配ならコピペしてフォルダー名に貼り付け↓

resource_packs

新しいフォルダーにresource_packsと名前を付けたらそのresource_packsフォルダーにデスクトップにあるテクスチャフォルダーをドラッグ&ドロップしぶっこめば完了です。(resource_packsフォルダーは開かずに直接テクスチャフォルダーをドラッグ&ドロップする。)

2016-09-0320282629-thumbnail2

テクスチャの導入方法

ウィンドウズキー+Rでファイル名指定を開きその中に%localappdata%と入力しokをクリックして↓の順に開く

%localappdata%

Packages→microsoft.minecraftUWP_8wekyb3d8bbwe→LocalState→games→と開きcom.mojangにさっき作ったデスクトップにあるresource_packsフォルダーをcom.mojangに直接ドラッグ&ドロップする。com.mojangを開くとresource_packsが追加されているはずなのでこれで導入は完了です。

↓で流れを閲覧出来る。

%localappdata%

Packages

microsoft.minecraftUWP_8wekyb3d8bbwe

LocalState

games

com.mojang→ドラッグ&ドロップ

さてワクワクしますね~

それではマインクラフトを起動してみましょう。

2016-11-08-5

マインクラフトを起動したら設定に入りリソースパックをクリックしてください。

CONQESTが入ってるはずなのでCONQESTをクリックして上のフォルダーに移しデフォルトテクスチャの上にCONQESTを配置します。

2016-11-08

2016-11-08-1

textureを設定したらトップ画面に戻り一度マインクラフトをシャットダウンします。

そしてマインクラフトを再起動してください。

遊ぶをクリックしてワールドを選択しワールドに入ります。

テクスチャが導入されてれば成功です。


2016-11-08-9


この方法を応用すればMCPEMasterからいろんなテクスチャの導入が可能ですのでやってみてね。

ノートPCでも軽快に動きます。

【スポンサーリンク】

error: Content is protected !!